ジムニー JA22WをDIYで全塗装とレストア!?②

今日は休みで半日「姉22号(ダケヲの姉のJA22なので・・・)」のバンパーやグリル外しと塗装の下地作りをしたいと思っていましたが・・・

サビボルト・・・。

サビサビボルト・・・。

超サビサビボルト。

既にネジ頭が腐食して崩壊しているのもあります。いきなり前途多難な気配。ま、何とかなるでしょう。

バンパー付近のボルト全てにCRCを吹き付け、30分ほど置いといてから作業に入ります。

ネジ頭が+でないモノは比較的ちゃんと取れます。

外せるネジは全て外し、ネジ穴がなめてしまっているモノを残して、アイツの登場です。

ANEX社の「なめたネジはずしビット」。

以前にW650で使用しました。

※「なめたネジをはずす」はこちらから

電動ドリルやインパクトを使用し、成功率が高いです。

まずはドリル部分で右回転でドリル穴を空けます。

ビットを付け替えて、逆ネジ回し部分を使って左回転でボルトを外します。

イエーイ♡。

無事にウインカー部分を外す事が出来ました。

中、汚ったな。

これでバンパーサイドも外せました。

ネット上では、ココが良くサビてるとの話が多かったのですが、以外とキレイ。

反対側も。

このまま一気にバンパー本体も外せると考えていたのですが、ものすごく甘かったです。

ウインカーを外した奥に、頭が大き目なボルトがあるのですが、頭が完全に潰れてました。

奥まった場所にあるので苦戦。「なめたネジはずしビット」では歯が立たず、ドリルで少し削ってマイナスネジ穴を切って・・・やっと取れました。

一安心もつかの間、右側がヤバいです。

強敵です。ラスボス級です。

ネジだかリベットだか分からない惨状。

ダメ元で「ネジザウルス」とか色々試しましたが、どうにも外れず。

タイムリミットも近づいてきたため、こっちの作業を中止して近所のDCMカーマで、サビサビだったネジ達の代用ステンレスネジを購入。来週にでも、工具やで道具を物色してリトライしますわ。

少し時間が余ったので、新規購入したグリルに交換する事に。

グリルの取付ネジもサビサビでしたが、ここは「なめたネジ外しビット」でクリア。

ウインカーとポジションのレンズを新グリルに移設します。

BEFORE。

AFTER。

今日はネジとの格闘ばかりだったので、明確に外観が変化して最後にテンションが上がりつつ作業終了。

ああっ、サビネジとの闘いはつづく・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です