ベースキャビネット Hartke(ハートキー)4.5XLをスピーカー交換して修理する。

ヤフオクでスピーカーが一発無い状態のHartke4.5XLを落札。

「引き取り限定」との事で、岐阜県まで車で回収に。

10年ほど前、仕事が多忙でバンド活動出来なくなり、Hartkeの3段積を手放しました。

昨年から活動再開しましたが、コロナ禍で何もできず・・・

自分のモチベーションUPの為にも、もう一度購入を決意しました。

が、予算が無い為に訳あり品を準備(笑)

往復4時間ほど掛かりましたが、無事に引き取り完了。

ノアには余裕のサイズで積み込めました。

グリルネットを外してとりあえず色々見てみます。

配線は3発でも音が出る様にバイパスされていました。

4.5XLはツイーター搭載なので、別ネットワークになっているようです。

知人や輸入元のサウンドハウスさんに問合せて配線図を入手。

ツイーター無しの410版でしたが、配線確認するとネットワーク以外は同一。基本配線は変更されていなかったので、何とかなりそうで一安心。

白と黒の配線とか、よくよく見ると配線図はスピーカー裏面から見た配線になっているので頭が混乱してきました。

とりあえず書出してみました。

サウンドハウスさんで購入した新品スピーカーが到着。

ハンダ付けした後、念のため導通確認。

アンプと繋いで愛器モジュラス:フリーベースを・・・おっしゃ完璧、良い音出ました。

グリルネットを戻して完成。

途中、スピーカー取付用のボルトが腕に刺さり出血(涙)した以外は問題なく作業完了です。

今現在、コロナ禍で半年以上スタジオでのバンド練習が出来てません。

これで当面モチベーション保てるかな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です