洗濯機の水が溜まらない・・・DIY修理作戦

「洗濯機、壊れた・・・」

我が家の奥様から、この世の終わりみたいな表情で報告が。

13年間使用している東芝AW-80VCという洗濯機ですが、洗濯槽に水が溜まらず「E5」というエラー表示が出ています。

そろそろ寿命かと思い「買い換えを検討しよう」と話しつつ、ネットを色々調べていると「自分で修理出来た」という内容も多くありました。

「水が溜まらない原因」は、ほぼほぼ排水弁あたりに問題がある事が多いようですね。 そして、洗濯機の構造自体は歴代のモデルで変わらないとの情報も・・・とりあえず、破壊覚悟で分解修理してみましょうか。

早速、洗濯機を移動させて背面のパネルを外してみます。 赤丸印のネジを外すと、金属パネルが外れました。

さらに下部の樹脂パネルは側面にあるネジを外します。

はい、フルオープン。

裏側から見て、なんとなく構造はわかるのですが、底面から見た方が早そうです。

キャンプ用の布団マットにゴミ袋を被せて、その上に洗濯機を。これで排水弁の周辺が確認できます。

基本構造は、モーターで排水弁をワイヤーで引っ張る事で開くシステムの様です。

排水用のパイプを外してみます。

あれ?

すでに何か棒状の異物?が見えますね。色々ネット上を調べている時、「ヘアピンがはさまっていた」って症状が多数あったので、もしかすると・・・

はい、ヘアピン。 排水弁周辺のネジ3本を外してから、ペンチで引っ張り出しました。

部品やパネルを元に戻して電源ボタンを入れて給水開始・・・しっかり水が溜まりだしました。

修理完了です。ダケヲ家の緊急出費は回避されました。

さて奥様、来月のバイク車検と保険のお代金を宜しくお願い致します♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です