KAWASAKI W650 フロントタイヤ交換

年末に注文したものの、なかなか手が付けられなかったW650のフロントタイヤ交換です。昔から「チューブタイヤの交換は難しい」という伝説から、ショップに任せる事ばかりでしたがHONDAスーパーカブを入手してブロックタイヤに交換する機会があり、以外にイケる事が判りましたので今回も自分でやってみる事にしました。

今回、アクスルナット用に12mmのソケットと合わせて、回り止めナット用の6mmも購入しました。それでは早速取り掛かります。

最初にフロント右側(ディスクブレーキ側)の回り止めナットを6mm六角で外します。

続いてアクスルシャフトのナット。車軸部分だけあって、かなりの締め付けです。ゆっくりと力を掛けて何とか外す事が出来ました(久しぶりのタイヤ交換なので、今回CRC556を事前に吹きかけておきました)。

次にブレーキキャリパーを外します。

外れました。念の為、エンジン下にジャッキを掛けておきます。

シャフトやボルト類を確認して保管。

 

何年前に換えたかすら覚えていないタイヤはゴムがカチコチです。

 

ムシ回しでエアを抜きます。

抜けました。難関の「ビード落とし」に備えて、ビードブレイカーを購入しておいたのですが、以外に手と足で落とす事が出来ました。チューブだからでしょうか??

続いて、たっぷりとビードクリームをビード周りに塗ります。代用品として、石鹸水を付けるとか、タイヤ保護材を吹き付けるとか色々あるようですが、ゴム部分とホイル保護という意味ではビードクリームが一番良い様です。

十分に塗りました。

プロは必要ないらしいですが、素人の僕はリムプロテクターを使います。

苦戦しつつ、何とか外しました・・・本当に苦労しました。泣き泣きでした。

ここからは装着。

せっかくなので、リムバンドも交換。

今回は冒険せずに前後TT100GPにしました。

組み込む前に、チューブに少し空気を入れておきます。噛んでチューブがパンクするとの事で、ネットから得た知恵。

・・・それから格闘する事1時間半。なんとか無事に終えました。

正直、大変過ぎて途中経過を取り忘れました。タイヤレバーとリムプロテクタの使い方はもっと勉強が必要です。コツを掴むほど頻繁に練習が出来ないメンテナンスですね。

自転車用の空気入れで、ある程度までの充填が出来ました。

うん、達成感あり。

細かな注意点として、黄色いマークとエアバルブの位置を合わせる事。タイヤの重量バランスがバルブ位置で軽くなっているらしいですね。

装着時、リムに傷(泣)。調子に乗って力任せにタイヤレバーを差し込んでいた罰です(涙)。

家にエアコンプレッサーが無い為、近所のガソリンスタンドに空気を入れに行きます。念の為、空気圧を確認。

先日、W650用のサービスマニュアルを購入しました。サンデーメカニックとして、最低限の知識を教則本にします。

グリスアップのポイント等も記載されているので、色々と確認。

「耐熱グリスを塗布」の項目に、我が家には品切れ状態である事が発覚。

早速ホームセンターにて購入。グリスアップしてタイヤを元に戻します。

最後の仕上げにブレーキキャリパーを取り付けます・・・が、ブレーキパッドの隙間が狭くなっていて入りません。広げる為にマスターシリンダーの蓋を開けましょう。

サビサビですな。

プラスドライバーで蓋を開けます・・・「ウニョ」というイやな感触が。

はい、ナメました。レロレロです(涙)。

最近、何かをやり遂げると何かが起こります。

エンドレスバイク弄り。素晴らしきかな我が人生の日々(泣)。

【次回予告】

「ナメたネジを外す」・・・回るのか?回せるのか??

ヘルメットを探す~BELL Bullitt(ベル ブリット) 購入

バイク用のヘルメットを新調しました。

今メインで使っているBUCOのジェットヘルは15年選手で結構な傷み具合です。

色々調べてみると、ヘルメットの耐用年数ってメーカーによっては2年ほど・・・しかしバイカーの皆さんは5年前後が多いみたいですね。外帽よりも緩衝材部分の劣化だと思うのですが、以前持ってた1970年代のヴィンテージ物なんて、内側からボロボロ発砲スチロールが崩壊していった経験があります。BUCOはそこまでではないものの、バイク熱の再燃も伴い、新しいヘルメット購入を決意。ネットや雑誌で色々物色してました。ちょっと前からフルフェイスに興味があり、BELL STAR2が最終候補でしたが、インスタに上がってたBELL Bullittの写真に一目惚れ。会社のBMW乗りの先輩が持っていたのを思い出し、色々相談して決定。

言わずと知れたヘルメットメーカー「BELL」から60周年記念として発売されたヘルメットです。「Bullitt」とは「弾丸」の意。
ブルックリンのデザイナーChad Hodge氏が歴代のベルヘルメットのデザインを集約させ、 第一世代のBell Starからインスピレーションを得たモデルとの事。

 

実は今回、購入までには色々とありました。

まず問題になったのがBell bullittのサイズ感に関して。ネット上では「欧米人向けの帽体なので、通常より1~2サイズ大きめの購入をオススメします」的なコメントが多数ありました。

富山県近隣で取扱いなど無く、サイズ感を確認する事ができません。そこで購入前に先述の先輩にbullittを被らせてもらいました。サイズはLL、白ベースでデザインラインの入ったタイプです。欲しいカラーとは違いましたが、今回はサイズ感の確認です。僕は国産メーカーなら形状によってM~Lサイズなので「余裕っしょ!」と被ると・・・こめかみがハンパなく痛い。でも後頭部や側面は余裕ありそうな気配。

更に、被った姿を鏡で見ると「頭、超デカイ・・・」そうです、宇宙服や潜水服の様に身体とヘルメットのバランスが悪く見えました。インスタで見つけた雰囲気とは大違い。

「ダメやこれ・・・」

気に入ったヘルメットを諦めなければならない事になり、落ち込みながら「ありがとうございました」と先輩にヘルメットを返却しましたが、どうにも気になります。色々と悶々していると、大昔に知人から貰ったヘルメットのサイズが大きすぎて、正しい位置に収まらず同じような状態があった事を思い出しました。

そしてその後、ネット上にハーレー系で有名な横浜パインバレーさんのHPを発見しました。価格の手頃さ、「サイズが合わなかった場合、交換あり(条件付き)」のという重要な項目を発見。

加えてbullittの帽体はXS/S(小)、M/L(中)、2L/3L(大)と外帽体の大きさが違うとの記事を発見。「Lサイズ買って、小さかったら内帽削るわ(良い子はやっちゃダメです)」と半ば「賭け」でフォームから注文、翌々日には届きました。パインバレーさん色々ありがとうございます!いつか実店舗に遊びに行きます♪

それではBELL Bullitt、ブリちゃんを見てみましょう。

赤色の箱に収容されていました。良いデザインで、こっから既にワクワク。

会社の先輩も使用していましたが、このカバーも良い感じ。

緩衝材を取り外すと・・・

テッテテー♪

カッコいい!!!!!

黒光りスゴ過ぎ。

剥がすのがもったいないシールドの保護シール。

そして、いよいよ緊張の瞬間。

被ってみます。

・・・おおっ!ジャスト!!僕なりの大博打に勝つ事が出来ました。

取り合えず今日はここまで。後日、使用感を書き留めたいと思います。

ああっ、サイズ合って良かった♡