旭風防 NO.99とチャンピオンバッグ~カワサキW650のツーリングを考える

ようやく暖かくなってきました。冬場の「メンテ祭り」で手をかけまくり、ご機嫌が良くなったW650さんに跨って春の景色を楽しんでいます。

実は昨年から大きくW650さんを「イメチェン」しました。なんとなく中途半端なプチカスタム使用だったのですが、ここ数年下駄替わりとして出動が多いスーパーカブ90には巨大ホムセンBOXを取り付け、積載性能に半端ないバイクとなりました。それを常用していると、ちょっと何処かに出かけようとしたとき、荷物に困るのです。

気軽に「ラーツー(みんな大好き、ラーメン・ツーリング)」や「コーツー(コーヒー・ツーリング)」等に出かけるには、それなりの収納装備が無いと。

ちなみに、ネットを色々見ていると「ヨーロピアンなオジ様方が御用達」の大型トランク(・・・パニアケース?サイドバッグ??)は沢山あります。でも僕のイメージはスタイリッシュな感じでなく、もっとドン臭い感じ。

色々と見ていると旭風防からAC-16という商品が販売されていました。

ちょっとしたバンパー的な雰囲気もあり、なかなか良いです。・・・そういえば、行きつけのバイク屋のオッちゃんもコレ付けてたな。パーツの発注ついでに、オッちゃんに見せてもらいます。

「オッちゃん、バイクのサイドバッグってどうけ?」

「おおっ、カッパ(雨具)とお土産入るくらいでちょうど良いわ」

単純な会話ですが、オッちゃんがW650に乗ってた時から旭風防のチャンピオンバッグを付けてて、W800に乗り換えてもまたつけたことを知っています。信頼性はあると信じて購入決定。

さらに「旭風防」と言えば、昔ながらの風防が有名ですよね。ひとつ間違えば旧車會さんからも声を掛けられるスペシャルアイテムです。どうせなら、旭風防セットで「旧車風ツアラー」としていカスタマイズに仕上げることにします。

早速、荷物が届きました。

風防部分です。

中身はこんな感じ。風防と取付用金具、そして「布たれ」と言われるライト周りの当て布です。そして・・・

購入したバイクショップはとやさん、商品の中に「軍手」がサービスで入ってました。粋な計らいですな。

取付金具の裏面に「説明書」がありました。

ま、見た通りそのまんまですわ。早速取り付けてみましょう。

タンクに傷が付かないように、銀マットの切れ端を当てておきます。

付きました。

続いて「布たれ」ですが、普段は大好きなOD(オリーブグリーン)色が今回だけは気になります。カスタム品で真っ黒等もあるのですが、伝家の宝刀「マッキー(油性マジック)」で色を変えてみます。

こんな感じで黒色に近づいてきました。

途中から助っ人(6歳)も参戦。

・・・何書いてるんすか。

このミッション、「全部、黒色に塗り潰せるかな??」だったよね。

息子よ、すまん。サイコロ、ぶりぶりざえもん、得体の知れない何か達・・・お父さんは無言で塗りつぶしました。

黒く(息子の作品を)塗りつぶした布たれに穴を開け、フレームにビス止めしていきます。今回、「旧車風ツアラー」カスタマイズの為にウインカーも交換します。大き目で張り出し具合もイメージ通りだった「イナドメ」さんのウインカーを購入し、同時に取り付けます。

布たれ下部の閉じ込み用のヒモですが、余っていたブラウンの鹿革にカスタマイズ。少しだけ武骨な感じ!?小さな部分ですが気に入ってます。

今回、各方面から問題視?されているト〇イア〇フ風のタンク・エンブレムを「漢カワサキ」のシンボル、旧ロゴのエンブレムに変更してみました。

正直に言うと、やはりオリジナルの方がまとまっている気がします。また元に戻そうかな・・・。

ハンドル周りも旧車風な大型ミラーとイボイボグリップにし、さらにW650を新車購入した時にカスタマイズの方向性がブレブレだったため、物置の肥やしになっていた「ダブワン・シート」に換えます(10年超しに日の目を見ることに)。

最後に、旭風防のサイドバッグAC-16を取り付けます。・・・写真撮るのを忘れました(泣)。金具の微調整をし、ウインカーを移設&交換(イナドメ製)。サイドバッグ取付は30分ほどで完成しました。片方は雨具(ワークマン イージスを入れるとほぼ満タン)、もう片方は諸々を入れる予定。

完成しました!

が、全体のシルエットやラインに不満が。タンクのKAWASAKIロゴとサイドカバーのW650ロゴ、チャンピオンバッグのバンパーラインが直線で無く、車体が歪んで見えることが気になります。今後はエンブレムやステッカー配置を見直し、少しずつに煮詰めていきます。

ちなみに、すり抜け等の機動性も考えてサイドバッグのサイズを最小限にしたのは大正解でした。W650アップハンドル仕様のハンドル幅より小さい張り出しの為、今までと変わらない動作が可能です。

また、風防(スクリーン)の効果も体感出来ました。寒さを防げることも重要ですね。距離を走った時の疲れが違ってくると思います。先日購入したフルフェイス(BELLブリット)と合わせることでツーリング仕様としては完璧。

ああっ、早く荷物満載してキャンプツーリングに行きたい・・・。

 

最強?バイク専用レインウェア~ワークマン AEGIS(イージス) バイカーズ・レインスーツ

バイク用のレインスーツを新調しました。

今までは登山用ゴアテックス素材のモノを使っていましたが、ネット上の「ワークマン イージスブーム」に触発されて、近所のワークマンで思わず購入。

こちらです。僕は身長183cm体重72㎏ですが、中に防寒着を着込む事も考えて大きめの「3L」、青色を選びました・・・って言いながら、決定するまで何度もパッケージ開けて試着させて頂き、ワークマンのスタッフさん本当にごめんなさい。

標準的なサイズは売り切れているカラーもありました。やはり人気なんでしょうか?

サイズの目安は商品の裏面に表記されています。僕の適正サイズは、やはり「3L」になっていますが少し大きめです。

商品を購入する際、中に着込むモノを想定してサイズ合わせをしました。

ジャケットの下は「フリース+ダウンジャケット」、パンツの下は「ダウンパンツ」を着用しても体の動きの妨げにならない様にイメージ。

ちなみに、ウエストや腕、膝下部分にマジックテープ式のベルトが付いていて、バタつき防止の対策がされています。ある程度の大きめサイズでも「モッサリ感」は少なくなりますね。

この商品、「おまけ」としてネックガード(ネックウォーマー)が付属しています。防寒・防水の両方で効果があると思います。また、帽子部分は取り外しが可能です。そして「バイカーズ」たるパーツ「ニーパッド(膝あて)」がパンツの膝部分にあり着脱式となっています・・・僕は着用時に違和感があり外しましたが。

それでは続いて、重量計測です。

・・・正直言いますが、店頭で手に取った瞬間「重っ!!」と感じます。僕の手持ちだと登山のウルトラライト装備に入っているレインウェアは上下で400gを切っています。それと比較するのは違うと思いますが、強烈に重いです。

パッケージのまま、まるっと計測します・・・うーん、やっぱり重いっス。先述のレインウェアの実に4倍以上です。

ただし、生地の厚みが違い「耐水圧15,000mm」は高速で走るバイクにとってはメリットになります。重さでは測れない部分ですね。

ジャケットのみで897g。

すみません、写真が暗い(泣)。

パンツで697g。

ネックガード、60g。

一式を収納する専用の袋、20g。

ニーパッド、1つ12g。

ニーパッドを外し、パッケージから出した状態で装備すると約1,700gとなりそうです。

【AEGIS 実際に使用してみた】

先日、会社の先輩と富山~福井までのプチ・ツーリングを行い、途中で雨に降られましたので早速使用する機会に恵まれました。

ドシャ降りの中で北陸自動車道を時速100㎞巡航、1時間程度では雨の侵入も無く、気温が10度を切っていましたが、防寒用のレイヤー装備を着込み、さらには「ホッカイロ」を背中やグローブに仕込んで何とか乗り切る事が出来ました。

ただし、全く透湿性がない為に「蒸れ」はあります。ホッカイロ付きのダウンパンツを履いていた為か太もも部分が汗で結構濡れてしまいました。

以前、ネット上のレビューで「バイクは、体を動かさないので透湿性は無くても大丈夫」的なコメントがありましたが、そうではなさそうです。「人間は寝ている間にもコップ一杯分の汗をかく」って言いますよね?バイクに跨っているだけでも汗はかきます。汗っかきな僕は、これからの季節が少し心配です・・・耐水圧を取るか?透湿性をとるか??悩ましいポイントです。

しかしながら6,000円程度で購入出来るレインウェアとしては完成度は高いと思います。

【良い点】

・価格の安さ

・高い耐水圧

・着脱式の帽子部分やニーパッド等、バイク乗り専用対応

・分厚い生地(ガシガシ使える)

 

【悪い点】

・蒸れる

・色、デザインが今一つ

・分厚い生地(動きにくい)

 

・・・とか言いながら、結論的には満足してます。以前、買ったばかりのゴアテックス製レインウェアがエキパイに触れてトロけてしまい、号泣した経験があります・・・そんな意味で「価格の安さは、バイク乗りにとっては「ガンガン使える」と思います。

また、暑い時期になったらレポートします!!