渓流ルアー釣りに行ってきた。

「最近釣りしてないな・・・」と思い、久々に渓流ルアー釣りに行ってきました。

5月に入り、気温が安定するかと思いきや、今年は暖かくなったり寒くなったりです。知人に情報をもらい、良く行くポイントの1か所で雨降り後にソコソコ釣れたとの事で行き先決定。

久々の釣行なので、前夜から道具を引っ張り出して、メンテナンス&持物の確認をしましたが、不足物多数。上州屋さんのオープン時間を待って必要なモノを購入し、現場には11:00到着。

良い感じです。

相変わらず綺麗な景色のポイントです。

散歩するだけでも価値あり(釣れなかった時の言い訳です)。

今日はミノータイプのルアーとスピナーを中心に攻めてみます。

攻め始めて1時間経過・・・音沙汰なし(泣)。

チェイスしてくる魚影やアタリがなく、少し不安な気持ちになってきました。

その直後にヒット!

ちっちゃ(笑)。

小型ニジマスでした。

今シーズンの第一号ちゃんです。

それからしばらく攻め上がりますが、先ほどの一匹以外はアタリ無しが続きます。

途中、石の上でシマヘビが日向ぼっこ。

近づいても逃げません・・・鳥に喰われないんかな??

少し疲れたので、休憩をとる事にします。

お昼ご飯のオニギリをほおばり、お湯を沸かしてコーヒータイム。

今日の装備は「カマド・スマートグリル」と「トランギア ケトル(0.6)」です。しばし、鳥の声と風で木々がそよぐ音を堪能しました。

帰宅予定時間が近づいてきたため、もう少しだけ上がって諦めようとした時・・・黒い影が猛チェイス。ヒットしませんでしたが、二匹くらい追っかけてきたような気がします。

同じポイントに、もう一度キャストして撒き始めた瞬間にヒット!

良い引きです。

おおっ!35cm程のニジマスです。

天然モノで、このサイズ!!

これだから釣りってやめられません。

最終的に、本日の釣果は2匹のみ。

でも、山歩きやプチ・デイキャンプも出来たし「心のデトックス」は完璧♪

来週の休みも、ココ来るか。

ジムニー JB23 8型 ストップランプの球切れ~交換

5月某日

令和元年5月某日、我が家に来て初めてジムニーのストップランプが球切れしました。 ついでにウインカー球も左右含めて交換しておく事にします。

左側(助手席側)が見事に点きません(泣)

近所のホームセンター(カーマ)に行きましたが、品切れでウインカー球(左側)しかなく、結局カー用品店(オートバックス)まで行く羽目になってしまいました・・・。

口金のタイプに注目。同じJB23でも、年式によって違うようですね。

我が家の8型は、こちらのタイプでした。

まずはホームセンターで購入したウインカー球。「スタンレー」って、前身会社から創業100周年を迎える超老舗なんですね。

カー用品店で購入したストップランプ。21W のストップランプと5Wのテールランプが一体になっているので「21/5W」表記になっています。・・・スタンレーの創業100周年が気になって、KOITOも調べてみた所「2015年に創業100周年を迎えました!」とHP内で発見。どちらもスゴイですね。

では、いよいよ作業に取り掛かります。ここが切れてる箇所。

リアハッチを開けて・・・

一体型のテールランプを外します。ネジ2本が見えますね。

ここです。このネジ2か所を+ドライバーで外します。

ネジを外したら、テールランプ上部を持って手前側に引っ張ってください。

外れました。

上側のこのツメと下側にもツメがあり、固定されています。

車体側にはこんな穴。ここに先程のツメが入ります。

変なコジ開け方をすると、ツメを折るので注意です。

テールランプ部分の球位置は上記の通り。

スクリュー式になっているランプ台座を回して引き抜くとランプが現れます。

交換球は、手の脂等が付かないように注意して交換してください。

そして逆の手順でテールランプを戻して作業完了です。

ちなみに、右側(運転席側)も少しギミックが違う物の、基本的には同様の作業になります。両側合わせて10~15分ほどで完了する内容ですね。

おおっ、心なしか新品ライトは眩しく見えます♪