ジムニーJB23バックランプとナンバー灯をLED化

今回、我が家のJB23のナンバー灯が切れましたので、交換ついでにLED化します!

・・・とその前に。

ジャーン♪

黄色ナンバーを「東京五輪2020記念」の白ナンバーに交換しました!

ずっと気になってましたが、なぜか交換に踏み切れずに保留にしていました。

この世界規模の緊急事態を、愛車に刻み込む事が出来ると思い、先日の車検時に申請してました。

これを付けて、早く普通の日常に戻る事を願います。

それでは交換スタート。

LED球はAmazonで購入済。

評価が高く、10球2千円程度とお財布にやさしい。。

後部バンパーの下に潜り込んで2か所のバックランプを確認。

白い部分を回転させると・・・

スポッと抜けて、白熱球が現れます。

これをLED球に交換。

交換完了。

極性があるので、取付後に点灯確認します。

無事に点灯!

2か所目も交換して元に戻して、バックランプLED化の完了です。

つづいて、ナンバー灯。

リヤのナンバープレート上に、半透明のドーム型パーツがあります。

これも回転させると抜けます。

もともとナンバー灯に付いてた白熱球。

今回のLED球と比較すると白熱球はスゴく短い。ドーム状パーツの取付時に少し当たるようで苦戦しますが、コツを掴んで何とか入りました。

よっしゃ完璧。

LED化と白ナンバー化、合わせて1万円ほどのプチカスタムですが、大きく雰囲気が変わった気がします・・・良いんです、自己満で。

庭には出たけど、今日もステイホーム。

アコギ マーティン(MRTIN )D-35にピックアップを付けてみる。

「ステイホーム」を合言葉に、最近はギターを弾いて遊んでいます。

学生時代からBANDでベースを弾いていましたが、歳を重ねるにつれ「癒しのアコースティックギター(以下アコギ)」を求めて購入したのがコチラのマーティン(MARTIN)D-35です。今から10数年前に購入し、時間がある時につま弾いています。

昨年末、結婚式で弾き語りをする機会がありましたが、マイクではしっかりと音が拾えず、ピックアップ(楽器の音を拾い上げる特殊なマイク)を付けて何とか対策したいと思っていました。

在宅ワークや休みが増えた事で時間だけはあります。さ、ネットで情報収集して、DIYで取り付けてみますか。

もともと楽器が趣味なので、基本的な知識はありましたが、アコギのピックアップは初めての取組み。情報収集すると、「ピエゾ」「コンデンサマイク」等の様々な方式とピンキリの価格で悩まされます。

そんな中で選んだのは・・・

日本が誇るアコギブランド MORRISのピエゾ・ピックアップ「CP-3」を購入。

ダケヲが基準とした①音質の良さ(ナチュラルでクセが無い)、②取付作業の難易度(比較的簡単)、③価格(1万円以下の低価格)と3拍子が揃っています。

箱裏に簡単な説明。

箱から出すと、ジャック部分とピエゾマイク、そして貼り付ける両面テープが入っています。

ピエゾマイク。

ピエゾマイクの裏面(楽器本体に付く側)。コイツを付属の両面テープで貼付けます。

とりあえず、簡易的に取付。

アンプに繋いで・・・「おーっ!音出た!!」って当たり前か。

仮止めしたマイク部分を動かしてテスト。

さて、イメージ沸いたし作業に掛かります。

※参考にされる方は自己責任で!プロの楽器屋さんに任せた方が安くつく事も・・・。

「CP-3」はアコギのエンドピン差込口にジャック部分を設置するタイプです。

既存の穴サイズでは絶対に入らない。そこに「11.2mm」の穴を空けて・・・「11.2mm?????

既製のドリル等は小数点以下があるわけなく、手作業で微調整になりそうです。

まずはエンドピンを取り外し、穴を拡張するため準備に入ります。周囲に傷が付かないように布テープで養生を。

今回、穴開け用のリーマーと11mmの木工ドリルをDCMカーマで購入。

いよいよ、リーマー挿入。

もとは数十万する楽器に後戻り出来ない改造をする・・・緊張感と罪悪感とワクワクが交錯します。やれるのか?ダケヲ??

とか言いながら、少しずつ口径を広げ次は木工ドリルに移行。

ゆっくり、少しずつ・・・時には大胆に攻めます(ニヤッ)。

無事に貫通!よかった♪

11mm口径では、ここまでしか入らず。

木工用の棒ヤスリで0.2mmの削り出しに入ります。

何度もジャック部分を当てがって確認、こんなもんでしょうか?

いよいよジャック取付。ほんの少し、締め込みが必要な為にレンチを使います。

サイズは14。

「グリグリ」すぐに入りました・・・きつくなく、ゆるくなく本当にジャスト。

イエーイ。

配線し、ピエゾマイクをボディ内部に貼り付け。

ブレーシング(内部音響のかなめである骨組)が良くわかります。

色々試して、5弦穴通しの下あたりに設置。

完成です。

のべ1時間ほどの施術でした。

さて星野源さんの「うちで踊ろう」をアンプ繋いで弾くか。

今日も「ステイホーム」。

ジムニーJB23 車検切れてた・・・

世界が大変な事になっています。

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。そして、尽力されている医療関係者の皆さま、本当にありがとうございます。

今日(2020年5月3日)現在、全国への緊急事態宣言も延長される事となり、余談を許さない状況が続いています。「ステイホーム」で感染拡大を防ぎましょう!!


「緊急事態宣言」発令の少し前、令和2年4月8日の事でした。

「あ、ジムニーそろそろ車検だったんじゃない?・」と家人と話しつつ、フロントウインドに貼り付けてあるステッカーを確認した所・・・

「切れとるがな!!!!!!!!!!」

はい、すでに一昨日4/6で車検切れ・・・一瞬、血の気が引きます。

幸い明日は休み。たまたま予定もなかったので、ユーザー車検をおこなう事にします。

「ユーザー車検」はバイクも含めて何度か経験があるのですが、完全に車検が切れた状態は初めて。

色々調べて「仮ナンバーを発行して、検査場まで自走」する事を決意しました。

翌日。マスク付けて、消毒用アルコール持って出かけます。

まずは、富山市役所の市民課にて「仮ナンバー交付」を依頼。

5分ほどで交付完了、750円也。

さっそく取り付けて、富山県軽自動車検査協会に向かいます。

到着。正午直前だったので、ドタバタと自賠責保険の手続きや書類記入を済ませます。

2枚の書類を記入して提出。後は定期点検簿も必要です。

手続きを済ませて、車検ラインに。

※リフトアップされた時に記念撮影(笑)

15分間ほどで、ダメ出しも無く車検完了!

イエーイ。

そのまま家に戻って、タイヤとオイル交換をします。

・・・春なのに、まだスノータイヤを換えてませんでした。

ジムニーのタイヤ交換でお約束の「リヤタイヤのセンターカバー付け忘れ」。何十年ジムニーに乗ってても忘れる・・・

オイル抜いて・・・

いつものオイル入れて・・・

はい完成。

このままドライブに行きたいけど、ここはグッと我慢で「ステイホーム」。