Amazon KOOLSEN LEDランタン購入~改造

カマボコテント2導入に伴い、ガソリンランタン派の僕もLEDランタンの準備を考えました。シェルター型テントの場合、燃焼系ランタンを室内で使用する事は色々とリスクが伴いますので・・・。

そこでAmazon内を物色してみると、格安&大光量のLEDランタンが多数。☆4つ以上でレビューの多いモノがたくさんある中、こちらを購入。

  KOOLSEN LEDランタン

    クーポンを使って、約1,000円で購入。 2個セットなのでコスパ良すぎ。チープな雰囲気ですが、意外とカッコいい。 思っていたよりは大きいイメージでした。

底部には、マグネットが3つ。家庭の冷蔵庫や車のボンネットに貼り付けるられるとの事。

逆さに吊り下げられる様に、フックも付いています。

こちらのランタンは単3電池を3本使用します。

ハンドルを引いてポップアップすると点灯。

確かに明るいのですが、レビューに合った通り「目に刺さる」感じです。 LEDの青みが、直視すると残像となります・・・なんか改善方法あるかな??

色々調べてみると、廉価LEDの改造がいくつか出てきました。

①ランタンのホヤ内にカラーフィルムを入れる(暖色系になる)

②LED発光部をクリヤーオレンジ等で塗装(暖色系になる)

③ランタンのホヤ内を紙やすりで削って「曇ガラス化」する(寒色系のまま)

・・・諸先輩方も試行錯誤を繰り返していらっしゃるようです。うーん、とりあえず分解して様子を見ますか。

まずは、スクリュー式の底部を外して、+ネジ4本を外します。

外れました。

配線細っ!メッキ、ブツブツ!! 安さの秘密です。

スイッチを見てみると、右側本体のスプリングと底部電池ボックスに遮断スイッチが付いてて、ポップアップすると点灯するんですね。

今度は上部。 ハンドル部分を外します。

スクリュー引っ掛け式?のトップを外すとボルトとナットが見えます。

これを外すと、ホヤが分離しました。

    電池を入れて、しばらく発光させた状態で発光部の発熱を確認します。 特に問題なさそうですが、今回はプラン③の「曇ガラス化」を実行する事にします。

フライングでタミヤカラー買っといたのに・・・また何かで利用します。

さて、ホヤを100番台の粗目で磨きまくります。

まんべんなく磨き終えたら、先程の作業を逆順で。   完成!光が柔らかくなりました。 若干光量が落ちたかな?? それでも十分な明るさ!!・・・と、この時は思っていましたが実際の使用で驚きの状況が発生。後日レポートします。

さて、改造や作業は、あくまでも自己責任でお願い致します!!                    

ユーコ キャンドルランタンブラス (UCO)

野営地での夜、眩しいくらいの灯火ではなく、ほのかな灯りが癒しの時間を演出してくれます。

◆ユーコ キャンドルランタンブラス (UCO)

【製品諸元】

サイズ:16.5×φ5cm(使用時) 10.6×φ5cm(収納時)

重量:250g

燃焼時間:約9時間

僕が登山やキャンプでの野営時、必ず装備品に加えるランタンです。決して明るいわけではなく、重量もかさみますが「癒しグッズ」としては僕の必需品。最低限、本は読めます。テーブルランタンとしてもイケます。

・・・おおっ、暗闇の中で僕のアウトドア・バイブル「遊歩大全」もくっきり見えます、読めます。

LEDランタンが主流の昨今ですが、無音でゆらめく炎が何とも言えない雰囲気を醸し出します。電気には出せない魅惑の灯り。このランタンの横で、スキットルに入れたラムをチビリと喉に流し込む。きっと「男の浪漫」を感じるはずです・・・。

このランタン、オプションになりますが数種類のリフレクター(反射板)が発売されています。僕が持っているのは「フラットリフレクター」というモノ。

【製品諸元】

サイズ:φ14cm(使用時) 15.2×7.7cm(収納時)

重量:28g

 

傘型で下部への光量を増幅させる効果があります。

上:リフレクター無 下:リフレクターあり

下方向へ効果がある事がわかります。ステンレス製のこのオプション、コーヒードリッパーにもなるらしいのですが、色々調べましたが未だわかりません・・・。

そして、僕のUCOキャンドルランタンには、ボトム部分に秘密が。

透明プラスチックのこのパーツ、実は・・・

 

取り外し可能なLEDライトです。テント内での使用にも安心。しかも・・・

①写真の様に、スタンドを立てて独立使用

②ボトムに装着した状態で懐中電灯

③バンドを付けてヘッドランプ

といった、3通りの使い道が。実用範囲が広がり、旅のお供には本当に使えます(③はメーカーHPで初めて知ったんですが)。

このランタンの持ち運び用にオプションで「コクーン」という商品があります。ウェットスーツの生地であるネオプレーン素材の提灯オバケみたいな伸縮性のあるケースです。

これに入れておけば、壊れる事はほぼ無いでしょう。

ちなみに、オプションを含めて重量計測すると・・・

本体からキャンドルを外した状態で230g。

キャンドルが46g。・・・本体+キャンドルだと、カタログ重量よりも少しオーバーですね。

さらにコクーンは42g。リフレクターはカタログ重量と同じ28gでした。

総重量は348g。

このくらいであれば、登山の担ぎあげにも負担にはならない許容範囲内です・・・重量だけで見るなら、小型LEDランタンなら100g切るんですが(泣)。ま、そんな事は忘れさせる「何か」を持っているギアです。

10年近く使っていますが壊れる要素も皆無。ブラス(真鍮)の本体は使い込む事でくすみ思惑通り「男前」な表情になりました。

既にお気づきかもしれませんが、僕のは『旧ロゴ』です。主観ですが現行より旧来の方が好みです。

燃費で言うとキャンドル自体の価格が玉に傷(3本セットで700円程度、1本200円強)・・・でも所有する価値十分にある逸品です。