MSRウィスパーライトインターナショナル(旧型)のメンテナンス

先日、久々に火入れしたウィスパーライトですが「しばらくメンテナンスしてないな・・・」と考え、酒飲みながらツマミに急遽メンテナンスを。

※「点火の儀式~MSRウィスパーライトインターナショナルはこちらから。

まずはポンプ部分。

「←1」という表記にそって、場所を合わせます。

※あとから写真がありますが、ポンプ内部に逃げ用の「クビレ」があります。

続いて、「↓2」という表記に沿って引手を半時計周りに回転。「→3」で引き出すと・・・

外れます。

ポンプが動きが滑らかになる様に、先端の黒いゴム部分に付属オイルをしっかり塗布しましょう。

ポンピングで動きが渋くなったら、定期的にコレをしないと部品破損につながります。

先程の「←1」の位置合わせ、左側の「クビレ」と固定パーツが外れるポイントなんですね。

次は、バーナーへの給油ホース接合部。

付属のレンチの背側を使って左に捻ります。

回りました。

開くと、段差の所にOリングがハマっています。それを安全ピンの先やクリップを曲げてかき出す様に取ります。

※画像では、外した状態です。

これがOリング。

こちらもオイルを挿しておきます。

最後にチェックバルブ。

これも付属レンチを使えます。

左に捻ると・・・

部品が取れます。

ここは劣化してなければ特に問題なし。

ポンプ部、完了。

さて、バーナー部に取り掛かります。

下部のプレヒート用受け皿(プライミングカップ)を手で左に回して外します。

※黒いのは、僕のプチ改造でウィックを外してカーボンフェルトをいれてあり敷いてます。

次はバーナー上部のプラスネジをこれまた付属レンチで外します。

分解作業のすべてが、付属レンチ一本で出来るのがポイントですよね。どんな環境でも速やかにメンテンナンス可能・・・持っていくのを忘れなければですが。

ちなみに・・・

MSRから「ウィスパーライトインターナショナル用メンテナンスキット」なる物が販売されています。

主要なOリング(パッキン)やメンテナンス用オイル、安全ピン(パッキン外し用?)専用レンチが入っています。

・・・が、

僕の場合、恐らく新型が発売されてから購入した為かパッキンの一部と付属レンチが違うようです。

付属レンチ新旧。

上がメンテナンスキット封入の新型、下が本体付属の旧型。

旧型本体バーナー上部のボルトはプラスネジの為、下のレンチであればマイナスドライバーですが対応可能。

しかし、新型では対応出来ず・・・。間違えて持っていないよう注意です。

ちなみに、新型ではバーナー上部ボルトは六角レンチを使用します。ま、定期的なクリーニング以外はトラブルになる場所でもないからでしょうか!?

・・・さて、メンテナンスに戻ります。

バーナー部、バラシ完了。

手が煤で真っ黒です。

ジェットとジェネレータ。

ジェットを外します。

ココも付属レンチの一番大きな六角で左に回すと外れます。

外れました。

「IG」は白・赤ガソリン対応。

「K」は灯油(ケロシン)対応。

僕はもっぱらホワイトガソリン使用なので、「IG」を付けっぱなしです。

※注意)新型では表記が違うようです。

さ、それではピカールで磨きまくりますか。

脚部をゴシゴシ。

本体をゴシゴシ。

真っ黒だったミキサーチューブに光沢が。

元通り組み立てて完了。キレイになりました♪

ホントはこのまま「点火チェック」したかったんですが、深夜になった為おあずけ。

今日はここまで。

夜な夜な、良い酒のアテになりました♪

点火の儀式④~MSRウィスパーライト インターナショナル

「点火の儀式」第4弾は、登山家や冒険好きには定番「MSRウィスパーライト インターナショナル」です。

※第一弾「コールマン 425F ツーバーナー」はこちらから

※第二弾「OPTIMUS(オプティマス)スベア123R」はこちらから

※第三弾「OPTIMUS(オプティマス)8R 」はこちらから

登山に使用するため、軽量で信頼性のあるガソリンストーブを・・・と考えた時、迷うことなく購入しました。

周囲で持っている人も多く、何かあればメンテナンスも比較的簡単という話もありましたが、10年ほど何事もなくノーメンテで使えています。

それでは点火準備。

こんな収納袋に入っています。

取り出します。

僕のウィスパーライトは旧型で棒状の足が付いています。

現行品はこんな感じのプレート足に進化しました。

バーナー部分。

現行型よりも、個人的には旧型が武骨な感じで好みです。

ポンプ部分。

ゴム部品は煤が付いて真っ黒。

そして、お約束のMSR燃料ボトル。

いつ見てもカッコいい!

この3点を合体させると・・・

MSRウィスパーライト インターナショナル完成!!

購入してから、ずっと気になっているのですが、燃料ボトルをねじ込んで固定すると「注意書き」部分が上に来ます。

コレが正解!?

デザイン的にはMSRロゴが上に来て欲しいのですが。

さ、準備完了。それでは「展開の儀式」に入ります。

コールマン等ではおなじみの「ポンピング」で燃料ボトルの内圧を高めて燃料を噴出するタイプです。

よく「30回程度」となっていますが、燃料の量によっても変わりますよね。

最初の頃はプレヒートの感覚がわからずに、よく「火だるまウィスパー」となっていました。

プレヒート開始。

僕は液体燃料ストーブのプレヒートが必要な場合、すべて「燃料アルコール」を使用しています。

加えて、プチ改造で「カーボンフェルト」をプレヒート用燃料受け皿に設置。

黒くて、よくわかりませんね。

じっくり、時間をかけてプレヒート。

これを焦って、バルブを開けると「火だるま」決定。

ちなみにガソリンでプレヒートすると、煤だらけになるのが嫌で、少し荷物は増えますが小さなボトルで燃料アルコールを忍ばせています。

点火!

うん、一発着火です。

「火だるま」にもならず、いい塩梅。

プレヒート用の燃料アルコールが燃え尽き、全体があったまった為に本燃焼が始まりました。

風防部分が赤く高温になっている事がわかりますね。

つづいて火力調整。

ウィスパーライトはよく「とろ火や火力調整が苦手」とありますが・・・ええ、その通りです。

ダケヲ的には、調理の繊細さや炊飯を考えず「どんな状況でも確実着火してお湯を短時間で沸かす事が出来る」という優先順位を考えた結果がウィスパーライトですので、全然気にしません。

まずは燃料コックを「45度」開いてみます。

これが内圧が安定している状態での一番「とろ火」状態・・・中火ですな。

「20~30度」でも弱火になりますが安定しません。

燃料ボトル内圧が下がれば、それに応じて弱火になるのも知られていますが、意図的に行う事は意外と難しいです・・・。

続いて「360度」開いてみます。

こんな感じ。全開です。

こうやってみると、綺麗なストーブですね。シンプルで飾り気がない。

「MSR ウィスパーライト インターナショナル」は白ガソリン・赤ガソリン・灯油でも使用可能。

赤ガス、灯油は煤だらけになる事を覚悟してください。

また、灯油を使うときは、付属の灯油(ケロシン)用ジェットに付け替えましょう。

「世界中旅して、燃料の選択肢が無くなる状況になってみたい♪」と妄想出来るギアです。

・・・「質実剛健」で本当に良いストーブなのですが、個人的には「OPTIMUS兄弟(123Rと8R )の方が趣味性があって好き」という事は出来るだけ言わない様にしています。