KAWASAKI(カワサキ)W650~「ダケヲ家オイル交換祭り」オイルとオイルフィルター交換

ここ1か月ほど、猛暑ですっかりご無沙汰していたW650のオイルとフィルター交換をしてリフレッシュさせます。

さて、Amazonsとネットショッピングにて、オイルとフィルターを購入しておきました。

カストロールの10W-40。

フィルターはカワサキから発売されている専用品でなく、互換性のある手ごろな価格の物をネット準備。

箱の適合表には「KAWASAKI W650」の記載がありませんが、事前に調べて購入していますので問題なし。

あとは、燃えるゴミとして処分出来るように、オイルを吸い取るスポンジとビニール袋をセッティング。

作業前に車体下部をチェック。問題無し!

まずはドレンボルトからオイルを抜きます。

ドレンボルトは17㎜で。

しっかり抜きます。

つづいて、オイルフィルター。

オイルフィルターの交換には、まずメッキカバーを外します。カバーの下部にボルトが2本見えますね。これは外します。

8㎜を使用。

フィルターレンチは65ф。

取り外し完了!

取付口に薄くオイルを塗ってから取付。

フィルターカバーとドレンボルトも戻して準備完了。

一応、エンジンに貼ってあるオイル量をチェック。

今回はフィルターまでの交換なので2.8L必要となります。

ジョッキにオイルを入れて量を図ります。

僕の手持ちは2Lなので、2+0.8で注油。

オイルメーターOk!

これで秋のツーリングを楽しめますな。

ジムニー JB23 8型 オイル交換

今日2017/12/11、日本列島は冬型の気圧配置が強まり、我が富山県でも雪が降り積もりそうです。

少し前に我が家のジムニーさんのオイル交換を済ませたので備忘録を。

ウチのジムニーさん、4歳を迎えて走行距離も相応の成長を見せています。

走行距離は37,000kmを超えて、年間1万kmほどを走っています。

今のところ、3,000kmほどを目安にオイル交換をし、2回に1回はフィルター交換を含めて行う事を心がけています。

最近お気に入りのオイルはカストロールの5W-30SNタイプ。もう一台の愛車ノアさんと共通の仕様としています。

いつものように、工具と廃オイル処理用の自家製パックを準備。

廃油を地元の指定ゴミ袋に吸い込み用のスポンジを入れ、そのまま「燃えるゴミ」として捨てる事が出来るようにしています。

ジムニーもそうですが、4駆車両はリフトアップをせずに交換が出来る事がメリットですね。ついでに下回りのチェックを行います。

特に問題なさそうですので、ドレンボルトを確認し緩めます。

15分ほどエンジンをかけて暖気をしておきましょう。

前回の交換から約半年、距離は3,000km弱でしたが早めに交換。

以前は5,000km程度で交換していましたが、色々な情報を確認しているとターボ車は3,000kmほどでも早すぎない様です。

ドレンボルトを抜くと、やはり粘度が下がってオイルはシャバシャバになっている気がします。

続いてオイルフィルターの交換。

黒い文字が書いてある部分がフィルターです。

フィルターレンチで古いフィルターを外し、新しいフィルターに交換。

今度のオイルフィルターは水色。デザイン性よりも見やすい感じがしますね。

好みの問題ですが、僕としては黒色よりも視認性が高く好きです♪

交換後、規定量であるオイルを補充してゲージのチェック。

うん、問題なさそうです。

所要時間は約30分。オイル交換後は明らかにフケ上がりもスムーズです。

 

相変わらず、素人仕事の整備です。

参考になさる際には、どうぞ自己責任でお願い致します!