ジムニー JB23 8型 オイル交換

今日2017/12/11、日本列島は冬型の気圧配置が強まり、我が富山県でも雪が降り積もりそうです。

少し前に我が家のジムニーさんのオイル交換を済ませたので備忘録を。

ウチのジムニーさん、4歳を迎えて走行距離も相応の成長を見せています。

走行距離は37,000kmを超えて、年間1万kmほどを走っています。

今のところ、3,000kmほどを目安にオイル交換をし、2回に1回はフィルター交換を含めて行う事を心がけています。

最近お気に入りのオイルはカストロールの5W-30SNタイプ。もう一台の愛車ノアさんと共通の仕様としています。

いつものように、工具と廃オイル処理用の自家製パックを準備。

廃油を地元の指定ゴミ袋に吸い込み用のスポンジを入れ、そのまま「燃えるゴミ」として捨てる事が出来るようにしています。

ジムニーもそうですが、4駆車両はリフトアップをせずに交換が出来る事がメリットですね。ついでに下回りのチェックを行います。

特に問題なさそうですので、ドレンボルトを確認し緩めます。

15分ほどエンジンをかけて暖気をしておきましょう。

前回の交換から約半年、距離は3,000km弱でしたが早めに交換。

以前は5,000km程度で交換していましたが、色々な情報を確認しているとターボ車は3,000kmほどでも早すぎない様です。

ドレンボルトを抜くと、やはり粘度が下がってオイルはシャバシャバになっている気がします。

続いてオイルフィルターの交換。

黒い文字が書いてある部分がフィルターです。

フィルターレンチで古いフィルターを外し、新しいフィルターに交換。

今度のオイルフィルターは水色。デザイン性よりも見やすい感じがしますね。

好みの問題ですが、僕としては黒色よりも視認性が高く好きです♪

交換後、規定量であるオイルを補充してゲージのチェック。

うん、問題なさそうです。

所要時間は約30分。オイル交換後は明らかにフケ上がりもスムーズです。

 

相変わらず、素人仕事の整備です。

参考になさる際には、どうぞ自己責任でお願い致します!

カワサキ250TR キャブ清掃②

前回からの続き・・・約2年間不動車であるカワサキ250TR。
一念発起して修理する事を決意しましたが、①ガソリン入替、②プラグ磨き(その後新品交換)、③キャブ清掃(メインジェット中心)の治療では残念ながら不発に終わりました。恐らく③時点での手抜き清掃が問題だと思われます(泣)。心を入れ替えて、全てのジェット類を外した上でクリーナー漬け&導通チェックを再度行う方向にします。

本日、まずはW650と250TRを購入したカワサキショップに、キャブのパッキンを買いに行きました。このお店、技術的にはお墨付きなんですが、店主のオッチャンが接客に関しては超アバウト。
10数年前、W650が気になり、自宅から比較的に近いカワサキショップへ初めて行った時の事。

僕:「すみません、W650の見積りもらえますか?」
オッチャン:「おおっ、すぐ作っからコーヒー飲んでちょっと待っとられ(富山弁)」

それから10分後、オッチャンから渡されたのはチラシの裏紙?か何かのメモ用紙に乗り出し金額(税込)のみ記入したウルトラ簡易見積り。
その見積りに加えて「良いバイクやぞ~!(富山弁)」と言いながらオッチャン、満面の笑み・・・。

その自信溢れる笑顔と雰囲気で、W650を即決したのは良い思い出です(笑)。

そんなオッチャンに250TRキャブを見せて相談をした所・・・「もっとちゃんとクリーナーに漬けて、しっかり青いヤツ(多分、腐食の事)落とさんにゃーダメやちゃ!!(富山弁)」と今回の治療を指南頂きました。

そして、オッチャンの店ではフロートチャンバーのパッキンを購入しました。

それから、家に帰ってまずはキャブのスクリューを全てバラします。メインジェットだけでなく、スロージェット、パイロットスクリューも。しっかりと、手抜きすることなく「青いヤツ(多分、真鍮の腐食)」をすべて除去・・・オッチャン、僕頑張るわ。

さあ、心を入れ替えて作業開始。

キャブ本体は、フロートチャンバー部分をキャブクリーナー風呂に浸して半身浴してもらいます。すでに少し緑色が出ています。

各ジェット類は全身浴。しばらく浸かってもらったあとは、ブラシでゴシゴシします。

ジェット系真鍮パーツは全て腐食の為に変色しています。

ここから一晩の長時間入浴をさせ、ジェットはもちろん、キャブ内の穴という穴の汚れを除去します。

エアダスターと共に、今回のMVPである針金くん達。前回のクリーニングより更に念入りに導通チェックをしました。

 

今回、パイロットスクリューの戻しは『2と1/2』にしました。年式等により、若干の差があるようですが、とりあえず規定値から様子を見ます。

その後キャブを組上げ、いよいよ車体へ取り付けます。

気温が少し低い為に、キャブを固定するゴム類が硬くなっています。頑張って押し込み、いよいよエンジンを始動。

チョークを引き、深呼吸をし、イグニッションを捻ります。

「・・・キュルキュル・・・ブオーン!!!」

おおっっ!!!!!一発点火でとうとう復活です!!!!!!!!!!

久々の単気筒エンジンの「トコトコトコ」という可愛らしい鼓動に興奮冷めやらぬまま、家の前の駐車場で少しだけ走らせてみました。エンジンのフケ上がりも良い感じ。パイロットスクリューの調整もこのままにしておきましょう。

それでは続いて、準備していたオイル交換をします。

自家製オイル処理パックを作成し、下準備。買えば数約円なのですが、家にある廃材とスーパーで貰える段ボール箱で簡単に作れます。

サイドスタンド側下部にドレンボルトがあります。

十分に暖気した後、17インチのスパナでドレンボルトを外してオイル抜き。

「ほとんど排出したかな?」と思ったところで、車体を少しだけ傾けでオイルを出し切ります。

250TRの推奨オイルは10W-40。今回、エンジン内のクリーニングを兼ねて、100kmほど走ったら再度オイル交換予定です。そのため純正よりも、amazonにて、かなり価格が安い(けど評価の高い)カストロールを入れてみます。2回分を考え、4Lを購入しました。

オイル交換後、エンジンをかけて吹かしてみると、心なしかスムーズに回転している様に感じます。いやいや、オイルは完全に劣化していたと思われますので、間違いないはず。

さて、完全にベストコンディションとなったTRさん。こみ上げる達成感から「次の休みは自賠責入れて、久々にTRさんと公道で風になるわ!」とテンションが上がっていた矢先、事件が起きました。

(2017年10月23日撮影)

オージーザス!!

10月22日、台風21号の直撃を受けた富山県某所で、バイク小屋が倒壊・・・そうです、我が家です。結果、250TRさんにW650さんが倒れ込み、仲良く寄り添っていました。

暴風雨の中では、どうにも出来ず、そのまま放置し翌23日、風も弱まった為に恐る恐るバイク小屋に近づき、バイクの様子を見るのに近づきました。すると・・・寄り添うW650さんのブレーキレバーがジャストミートした様で、TRさんのメーターが割れていました(泣)。

多くの被害を巻き起こした台風21号、「これだけで済んで良かった」と自分に言い聞かせ、ポジティブになれるよう努力します。