LEDランタンを考える③~ランタンじゃないけど完成!

シェルター型テント(カマボコテント2)を購入した事で、安全面を考慮し導入検討した「LEDランタン」。紆余曲折を経て、堂々!?の完結編です。

※前回はこちらから

現状、LEDランタンではなく、サブバッテリーを使ったLED照明が最終形となりそうです。家の中で吊るして点灯させますが、やはり屋外のテント内で雰囲気を確認したいと思い、急遽キャンプに行く事に。

はい、到着。設営完了です。

今回のキャンプは、システムの試運転が目的。

夜までは、まだまだ時間があります。とりあえずアウトドアを楽しみますか。

今日は、夏休み中である同行者のご機嫌を取る為「外つけ麺」で昼ご飯。

初の「男ふたりキャンプ」です。

このあと、テント内の準備をお願いしましたが、虫取りと読書(コロコロ8月号)を交互に楽しんでいらっしゃいました。

虫取り等で時間を過ごし、いよいよLED照明のスタンバイ。

吊り下げは、電球から10cmほどの所に丸い金具を針金で固定し、カラビナでテントのフックに。

うん、点灯は問題なし!!夕暮れから、真っ暗になっていくのが待ち遠しく感じます♪

しかし配線が思ったよりも目立ちます。もう少し、デザイン的に何か考えたいところですな。

そして段々と夜は更けて・・・

おおっ!暖色系で温かみがあり、明るい!!

コロコロ8月号も全然読めます。

ちなみに、今回は40W×3発のセッティングです。

その後、色々と試しましたが、全点灯せずとも十分な光量で60Wは不要。40Wより下のLED電球も今後は試したいですね。

最終的に「LEDランタン」ではないシステムとなりましたが、これで完成とします。

サブバッテリーがお荷物になりますが、ファミリーキャンプで必要な「明るさ、雰囲気、安全性」の3大要素を低予算(照明システムのみ約3,000円)でクリア出来ました。

さ、「D.O.L.S(ダケヲ・アウトドア・ライティング・システム)」と名付けるか。

LEDランタンを考える②~サブバッテリー!!

先日のキャンプにて、手持のLED照明が暗すぎるやら雰囲気がないやらで新しい装備を物色中です。

※前回はこちらから

「LEDランタン沼」から抜け出せそうにありません。AmazonやキャンプのHPを覗いてはモヤモヤが募ります。

・・・とか考えていると、いきなりLEDの神様が降りてきました。

LED神:「おい、ダケヲ!お前、サブバッテリーシステム持っとるやん!!」

ガビーン!(死語)

そうなんです、当初の用途には「LED照明」って考えてたサブバッテリー、冷暖房用にしか使っていませんでした。

※サブバッテリー自作はこちらから

今こそ「D.S.S」の真価が試される時です!!

※注)D.S.S:ダケヲ・サブバッテリー・システム」の略。今、なんとなくネーミングを決めました。

早速、Amazonを物色。・・・ありました!!

3連の電球ソケット、1,200円ほど。

そして近所のDCMカーマ(ホームセンター)に直行!

我が家でも使用しているLED電球の60W 相当の電球色(暖色系)を3発購入。1球429円でした。

810ルーメン、消費電力8.2Wの表記。

60W×3発=180W?で、コールマンのツーマントルランタン(明るさ:180W相当)と同等!?

ちなみに、DCMブランドですがアイリスオーヤマのOEMですね。

さらに、比較用に40W相当も買っときました。1球329円。

485ルーメンで消費電力は4.9Wの表示。

40W×3発=120W?で、コールマンのワンマントルランタン(明るさ:130W相当)と同等!?

早速電球をソケットに差し込んでみました。

通電チェック完了!

光量調整は出来ませんが、暖色系で温かみがあり良い感じ。

暗い部屋を照らし出すと、60Wだと少し明るすぎるかな?

とりあえず、今度のキャンプで60Wと40Wの両方を使って雰囲気を試す事にします。

続いて、消費電力調査。60W相当球3発での実験です。

先日のキャンプから充電しておらず、12.6Vからスタート。

約3時間経過で12.4V。

キャンプの夜に6時間程度の使用なら、全く問題なさそうですね。

合せて、扇風機の使用や携帯の充電もイケそうです。

・・・しばらくすると、裸電球が気になりだしました。

ネットで「電球 シェード」で検索すると、100均セリアのが良さそう。

はい、翌日には早速購入してカスタマイズ!

黒色にしました。他には赤色、水色が。

ホーローっぽいペイントで、材質は「ブリキ」とあります。どのカラーも雰囲気あり。

本来はセリア内で取り扱っている専用のLEDランタンがあるようですね。

ところで、セリアのバイヤーさんって相当キャンプ好きの方ですよね??

最近の取り扱い商品、使えるだけじゃなくてセンス良すぎです。

それでは作業開始。

しばらく周囲を眺めてみます。

いきなりソケットを入れてみると、まさかのシンデレラフィット!

ただし、ひっかかる場所もなく、すぐに抜けてしまいます。

ソケットに電球を入れると、くびれ部分にひっかかりますが・・・納得いかず。

あれこれ考えていると、ソケットの最短に少しだけクビレがあります。「ここに何かがひっかかれば固定具に!」

輪ゴムを付けてみたり、あれこれ試行錯誤して最終的に方向が整いました。

まずは、セリア・ランタンのハンドル用に購入したアルミの針金を準備。

電球ソケットの外周部分より大きめにカット。

巻き付けて・・・

締め込みます。

ここでは、あくまでも「型付け」なので軽く。

シェードの内側からアルミ線を入れて、凹み部分から締め込んだ部分を出します。

ソケットを差し込み、輪っか部分を先端のクビレにはめ込みます。

内側から見るとこんな感じ。

外に出したアルミ線を締め込みます。

余分な出っ張りをニッパーでカット。

あ、ピンボケ・・・(泣)

完成!良い感じ。

電球の先端がこんだけはみ出ます。

運搬時の対応、要検討です。

あら素敵♡

ランタンではなくなりましたが、3,000円以下(サブバッテリー除く)で、自分の使用条件を満たしたLED照明が完成!

次回、キャンプデビュー♪

サブバッテリー自作

寒い時期、あったかくて明るいテント泊や車中泊が出来れば、女性や子供も安心して夜を迎える事が可能になります。薪ストーブや石油ストーブの使用や電源ありのキャンプサイトなら問題ありませんが、道の駅やキャンプサイト以外の場所でも電源が必要になる時ってありますよね?

で、早速作ってみました。

すべて専用BOXに収納してみました。

すべて専用BOXに収納した完成形です。

車載はもちろん、テント内への持込も可能になりました。

そもそも先日(1月某日)、飲んだ帰りに車中泊をした際、マナーにのっとりエンジンを切って就寝しましたが、真夜の車中が寒い事。「ああっ、電気毛布かストーブ欲しい・・・」と考えた翌日から調べ物の始まりです。

ポータブルバッテリーや車載バッテリーからの給電、そしてサブバッテリーシステムの構築等の記事を読み漁りました。

・市販ポータブルバッテリー=高額で容量小さめ

・車載バッテリー給電=バッテリー負担が大きく、停車中は上がる可能性あり

・サブバッテリーシステムの自作=消費電力によって、金額に応じたシステムが組める

さらに、使用予定の家電製品はどれくらいの消費電力なのかを調べてみました。

・電気毛布=最大75W
・電気ストーブ=最大600W

・LED照明=60W(クリップ照明)

・・・電気ストーブを使うと、あっという間にサブバッテリーが空になりそうです。なので今回は除外。

今回は初めての試みという事もあり。電気毛布とLED照明を数時間ずつ使用出来る容量をベースに検討しました。

【システムの必要物】

  • バッテリー
  • インバーター
  • バッテリー充電器

以上が必要となります。

【バッテリー】

容量もさることながら「ディープサイクルバッテリー」と呼ばれる物がオススメらしいです。というのも、畜電力をほとんど放電し再度充電するといった使い方は普通のバッテリーだと寿命を極端に縮めます。それが少ないディープサイクルバッテリーを使う事にします。

【インバーター】

家庭用であるAC100Vに変換するための装置です。

インバーターには「正弦波」と「矩形波」という物があるらしく、精密機械(パソコン等)には前者の必要で価格が高くなるデメリット発生。また対応電力もある為に悩むところです。

【バッテリー用充電器】

こちらもバッテリー容量に対応している為、バランスの見極めが必要です。現在検討している用途だと、走行中に充電するシステムより家庭で充電するシステムの方が安定しており予算にも対応出来そう。

・・・以上を価格と使用目的に照らし合わせて検討した結果、以下の様なシステムが完成しました。

◆バッテリー

AC Delco(エーシーデルコ)マリン用ディープサイクルバッテリーVoyger M24MF

80Ahで、12V ×80Ah=960Wの大容量となります。電気毛布の使用だと単純計算で10時間以上の使用が出来る事になります(実際には、そこまでは無理ですが)。

◆インバーター

大橋産業(BAL)3WAY正弦波インバーター 400W

パソコン等の精密機器を使用する事も考えて、正弦波を選択しました。出力は上をみたらキリがないのでこのあたりで。

◆充電器

セルスターバッテリー充電器DRC-600  12Vバッテリー専用

安定の国内メーカー(生産は海外だと思いますが)で80Ah対応の選択です。こちらの商品、評価も高く優秀な商品なのですが、AC Delcoバッテリー使用の場合、後日談がありました。

※追記)ディープサイクルバッテリーは、16V程の充電圧が掛からないと満充電が出来ないという事実が発覚しました・・・14V程度の通常モードで充電しても、想定していた充電圧に全く到達していません。しかし!!この充電器には「ブーストモード」という設定で16V近くの充電ができるため、このモードを使うと問題解消しました。通常充電してから、ブーストモードで再充電すると良い感じです。

既に予算の3万円をオーバーしてしまいましたが、現段階でのオーダーは満たしてくれそうです。

Amazonとyahoo!ショッピングを駆使して、上記部品を購入。

バッテリーだけが品切れで1週間ほどかかりましたが無事に揃いました。

さらに先述したとおり「車載はもちろん、テント内でも使用できる移動可能なタイプ」と考えていた為、ホームセンターにてバッテリーとシステム全てが収容出来て、なおかつ愛車:ノアのラゲッジルーム下段に収納出来るBOXを探しました。

結果、1,200円程度でアイリスオーヤマRV BOX400を購入。耐荷重80㎏、上面では座る事も出来ます。

ちなみに、バッテリーだけで20㎏以上ある為なかなかの重量物です。

バッテリーだけ収納するとこんな感じ。

BOXと同時に、集成材を購入。仕切りを作ります。

こんな「コの字型」を作って・・・

電極部分の保護を含めてカバーにしました。

色々入れる予定なので、接触や干渉防止。

そして、amazonにてこんなモノを購入。

電圧計です。

カッター(ホットナイフ)でBOXに穴を開けます。

接続して、残量視認が可能になりました。

こんな感じです。

その後の使用レポートは、また後日。