トヨタ ノア(70系)をトランポ化

 

トヨタ ノア(70系)をトランポにしてます。

先日のカワサキW650の車検でも触れましたが、知人と話していると詳しく知りたいとのことでまとめてみました。

キャンプに車内泊、またバイクのトランポにと大活躍の愛車ノアさん。

僕のノアさんは「YY(ワイワイ)」というグレードで、2列5名乗車のタイプ。本来3列目にあたる部分は、広大な2段の荷室になっており沢山の荷物を運ぶ方には非常に便利な仕様です。60系・70系では存在しましたが、現在の80系で廃盤になっています。

我が家では5名を超える乗車はめったに無いと判断し、YYに決定しましたが使い勝手は本当に買って良かったと思わせてくれます。

ノアやヴォクシーといった基本的に5ナンバーサイズの1BOXミニバンをトランポに出来るか?という疑問は多い様です。軽1BOXでオフ車をトランポする方もいらっしゃるので、サイズ的には余裕です。

では早速作業手順を。

 

【ノア トランポ化 作業手順】

①リア(2列目)シートを撤去

足元にレールと固定されているボルトが4か所あると思います。こちらを外すと、シートが外せます。分割式で2脚ありますので、どちらも同じ要領です。

シート下のフタ部分をマイナスドライバー等で開けると・・・

・・・こんな感じでボルト穴があります。写真は、見えやすい様に取り外した後のモノです。本来はレールとボルトで車体に固定されている部分です。

 

②シートレールの金具を外す(内側の2か所のみ)

2脚とも外すと、4列のシートレールがありますので、内側2つの固定金具だけ取り外して荷室をフラット化します。

1列目シート寄りのこの部分・・・

この部品をマイナスドライバーで外すと金具の固定部品が出てきます。

固定部品の右側からレンチでボルトの取り去ると金具を外す事が出来ます。

内張りを少しだけ剥がす作業がありますので、これを機会に掃除しておきましょう。

ゴミがいっぱい溜まっています(泣)。

 

 

 

③ベニヤ板を敷く

ノアさんの荷室サイズだと、俗に言うサブロク板(3尺:909mm×6尺:1,818mm )がそのまま置けます。

僕は一番最後部にある床下小物入れのフタが壊れないかと心配で、出来るだけ後部に置きます。

 

④ラダーレールを架ける

「何処に架けて、何処にタイダウンするか?」が非常に重要です。車種によって試行錯誤が必要です。僕は足回りの頑丈そうな部分にフックを掛けますが、推奨箇所ではありません。安全に、しっかりと固定が出来れば問題無いと思います。

タイダウンでラダーを固定。

僕は必ずラダーレールを2つ使います。絶対的に楽です。

左側が人間用、右側がバイク様用です。

タイダウンでのラダー固定は必須です、絶対必須です!

僕は初めてトランポする際にタイダウンをせずにスーパーカブで積載練習をして、ラダーがズレてカブさんを落下させた経験があります。幸い大事には至りませんでしたが、一歩間違えばバイクの破損や怪我のもとになります。

 

⑤バイクを積み込む

慣れないうちは、必ず同伴者を付けましょう。後ろ側を見てもらうだけでも安心感が全く違います。

僕はエンジンをかけて半クラで積み込みます。

無事に積み込めたら・・・

ハンドル等のポイントにタイダウンを掛けていきます。

リヤ側にも。

W650は全長が長い為に運転席と助手席の間に前輪を挟み込む形で積載してます。ここまで出すとリヤ側にも十分余裕があります。

また、W650のアップハン仕様を積み込みましたが、ミラーを含むと開口部にギリギリです。

【W650 諸元】

車体重量:211kg

全長2,180mm 全高1,140mm 全幅905mm

ノア(ヴォクシー)70系のリアハッチ開口部サイズは、高さ117cm、幅(最大部分)117cm・・・ギリギリなので、ハンドルのホルダ部分を緩め、本来の位置よりも下げた形にしました。

ちょっとカッコイイかも。

下げた後は、再度しっかりと締め付けを忘れずに。

 

こんな感じで積載までが完了。

一番の難関である「2列目シート取り外し」は、慣れれば20分程で行えると思います。

バイクの積載に関しては、サポートしてくれる方がいたら完璧です。

昔、知人がバイクを積載中に落下させ、修理代がとんでもない事になりました。またケガをしてしまう場合もあるかもしれません。なんでもそうですが、「プロに頼んだ方が良かった」なんて事にならないよう安全面にはくれぐれもご注意下さい。

以上、簡単にまとめましたが、実際には危険が伴う作業でもあります。僕のやっている作業はプロの方から見ると笑われる内容もあると思います。安全を保障するものではありませんので、あくまでも参考として頂き自己責任でお願いします。

カワサキ W650 ユーザー車検のやり方

今年11歳になるカワサキW650、トヨタ ノアをトランポにしてユーザー車検に行ってきました。

先日までに、キャブ清掃し、主要な部分は整備を完了しておきました。今日は午後から時間が作れそうなので、ダメ元で陸運に電話。

「すみません、バイクのユーザー車検を受けたいんですが、当日の予約って出来ますか?」

すると・・・「14:15までの受付に余裕があるから大丈夫ですよ。念の為に、名前言っといて下さい。」

おおっ!ラッキーです。当日予約のOKが出たので、すぐさま準備に取り掛かります。ちなみに、電話したのが12:30。書類棚からゴソゴソと必須書類をまとめて、Wさんを車に積み込む準備(完全な車検切れの為)をします。

今回は少しイレギュラーな予約となりましたが、一般的にはインターネットにて早めの予約が推奨されています。原則的には15日前~当日に予約が可能との事です。

では「バイクユーザー車検やり方」をまとめつつ備忘録を。

*************************************************

【ユーザー車検の5ステップ】

その1.事前準備

その2.予約

その3.当日の「持ち物」チェック

その4.当日の流れ①~必要書類

その5.当日の流れ②~車検場での検査

*************************************************

それでは、ステップごとに詳細をまとめます。

 

*************************************************

【その1.事前準備】

まずは、以下の書類3点を準備しておきましょう。

①前回の車検証:僕はバイクのシート下に自賠責保険・任意保険の書類と一緒に入れるようにしてます。

②最新の納税証明:毎年、夏前に支払いするアレですね。もしも無くしたら、市町村の税務課で再発行してもらえます。

③定期点検整備記録簿:バイクに付いているモノか、ネット上でダウンロードし点検しておきます。最悪、当日に陸運でも貰えます。*************************************************

①と②は、お家の中を探しておいて下さい。

◆定期点検整備記録簿◆

③は、定期的に点検が推奨されています。セルフチェックで大丈夫ですので、安全運行の為にも12か月ごとにおこないましょう!

 

*************************************************

【その2.予約】

・お住まいの陸運支局に、電話もしくはネットで予約

※原則的には、15日前~当日に予約が可能との事です。*************************************************

今回は少しイレギュラーな当日予約でもセーフとなりましたが、いっぱいだったら断られる事もあります。早めに予約をしておきましょう。

 

*************************************************

【その3.当日の持ち物チェック】

・バイク

・事前準備の書類3点:軽自動車税納税証明書・自動車検査証・定期点検整備記録簿

・印鑑:認印でOK

・クリアファイル:無くても良いです。沢山の書類があるので、あるとスッゴク便利。

・予約番号のメモ

・工具:車載工具があれば急なトラブルにも対応出来ます。

・お金:2万円ほど握りしめて行きましょう。*************************************************

 

それでは予約日時めがけて陸運局に向かいます。本来、書類の準備等や不測の事態に備えて、念の為に1時間くらいは早めに到着する様にした方が良いです(泣)。

僕のバイクは完全なる車検切れです。公道での乗車が出来ない為、今回はノアさんにWさんを積載して陸運に向かいます。

愛車ノアさんの後部座席を取っ払い(僕のノアさんは5人乗りです)、合板を敷き、ラダーレールとタイダウンを準備します。

写真からは判り難いですが、4か所ギッチギチにタイダウン付けてます。以前、タイダウン無しでスーパーカブさんを積載しようとして落下させました(泣)。

 

◆ダケヲのバイク積載3カ条

①平らな場所で!

②タイダウンはしっかりと!

③出来れば、2名以上でおこなう!

・・・以上、僕の心のお約束でした。

 

13:40、積み込み完了し出発。自宅から20分ほどの陸運局へ到着しました。

時間ギリギリ、まずは窓口に行って予約確認からスタートします。

 

*************************************************

【その4.当日の流れ①~必要書類】

①陸運局の窓口で「〇〇時にユーザー車検を予約した△△です」と伝える。

※初めての場合「初めてのユーザー車検で・・・」と話すと親切に説明してもらえます。

②3点の必要書類を購入し、記載事項を確認して記入。

・自動車重量税納付書

・自動車検査票

・継続検査申請書

※慣れないと、結構時間がかかります。わからない所は窓口へ。

③重量税・検査料等の印紙を購入

※陸運局の近くに「自動車協会」なるものがあると思います。そちらに用紙を持って行けば、指示してもらえます。

④自賠責保険の加入

※今やコンビニでも加入出来ますが、自動車協会内でも可能です。

⑤上記内容をまとめて、陸運局の窓口に提出

※提出内容に問題がなければ「何番のレーンに行って下さい」と検査場を指示され、いよいよ車検です。

*************************************************

 

窓口では、「ユーザー車検のしおり」的な用紙(下の写真)を貰う事が出来ます。

◆自動車重量税納付書◆

 

◆自動車検査表◆

◆継続検査申請書◆

◆自賠責保険◆

必要書類の記入事項は、ほとんどが車検証内に記載されています。また、走行距離の記入がありますので、事前に調べておくと良いです。

 

*************************************************

【その5.当日の流れ②~車検場での検査】

①指定されたレーンで順番を待つ

※ドキドキしますね。

②外観検査

※カナヅチで、色々な所を叩いて、緩みがないか確認します。

③灯火類・クラクションの検査

※指示された方向にウインカーを出したり、ブレーキを踏んでランプの動作確認。またクラクションがしっかりと鳴るか?チェックです。

④発信・停止の検査

※機械と検査員の指示にしたがって、ブレーキ等のチェックです。

⑤光量と光軸の検査

※光量が弱い場合、アクセルを吹かして回転を上げると対処出来る場合があります。光軸は微妙なラインであれば乗車位置を変えて誤任せる場合もあります。*************************************************

そんな感じで検査ラインを進みます。

・・・今回、僕は定番ですが、光軸でアウト(泣)。急いで押してテスター屋さんに向います。数分間のチェックで光軸を修理してもらい1,600円也。

不合格だった場合は焦らずに。近所には必ずテスター屋さんがあると思いますので、対応が可能であれば見て貰いましょう。また、検査当日であれば何度でも追加料金無しで検査が可能です。

さあ、リベンジで検査ラインに戻ります。

 

書類確認を再度し、ダメだった箇所のみ検査となります。

結果は無事に合格。窓口に書類を提出し、車検の完了となります。

合格したら、再び窓口に行き5~10分ほどで新しいシェ車検証とステッカーを貰います。※乗って帰る場合、新しいステッカーを貼りましょう!トランポ移動なら、家に帰ってから忘れずに!!

◆ユーザー車検全費用(カワサキW650/2017年11月時点)

・自賠責保険:11,780円

・重量税:3,800円

・検査料:1,700円(手数料印紙含む)

合計:17,280円

・・・バイク屋に頼むと、確実に数倍の金額は掛かります。そんなに複雑な機械いじりも無いので、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい。

ただし、バイク屋さんでは確実な整備もやってくれているわけで、安全面に関しては自己責任である事をお忘れなく。