M.K.T.(Mt.KUREHA TRAIL:呉羽山遊歩道)を歩く。

登山のトレーニングとして、週1~2回ほどM.K.Tに行きます。

M.K.T??

ええ、富山市にある低山(標高145.3m)呉羽山の遊歩道です。

海外のロングトレイルに憧れ、僕が勝手に名付けました(笑)

実は、呉羽山とは「呉羽丘陵(北側の呉羽山と南側の城山からなる丘)」の一部で、実際には80mほどの山。地元民は総じて「呉羽山」と呼んでいます。

呉羽丘陵にある遊歩道には、富山市内から隣の射水市まで続く長いコースがあり、登山やトレラン好きには意外と人気のスポット。

僕は、歩いて往復1時間前後のコースを決めて、その日の歩いたり走ったりしてます。

今日は少しM.K.T.のダケヲコースを紹介。

まずは呉羽山の「白鳥城跡」を目指します。

駐車場に車を止めて、コース入口に向かいます。

白鳥城址の石碑。

「白鳥城」戦国時代の山城で、富山城へ敵が攻めてこないかを見張る軍事的な要地となっていたようです。

文献上では寿永2年(1183年)に陣を張った記録があるそう・・・うーん、ロマンですな。

野鳥もたくさんいます。

ここからしばらくは登りルートが続きます。

東出丸跡。「出丸」とは、お城用語で見張り場の事。

東側の見張りをしていた場所なんですね。

空壕跡。この階段もキツい・・・。

二の丸跡。本丸(お城の中心)までもう少し。

本丸到着!実は先程の入口から10分もあれば到着します(笑)。

白鳥城の説明看板が。興味のある方は是非。

さて、ここからもM.K.Tのポイントがたくさん。

西出丸跡。

「金屋幻の滝」への入口。

・・・色んな意味で「幻」です。興味のある方は。獣道の様な斜面を下って見てみてください。

「新湊大橋を望む丘」への看板。

確かに望めますが…興味のある方は是非。

「砂防ダム」への入口。

前述の2か所と違い、ここは必見。

「呉羽山の中にあるダム」は初めて見た時に感動しました。建設当初は看板もなかった為、「政府が秘密裏に建設した謎の施設!?」とひとり妄想してました。

のぞみの丘。

その名の通り、富山市街と立山連峰が一望できます。

秋晴れですね。

富山市民なら一度はお世話になっている「青少年自然の家」へのルート。

さ、M.K.T.~ダケヲコースのゴール、「きんたろうの森」の東屋です。

時間がある時は、ここで食事したり、コーヒー沸かして飲んだりしてます。

向かい側には「ファミリーパーク(動物園)」内の公園が広がります。

さ、ここまで約30分のコース。ピストンで来たルートを折り返し、約1時間(軽く走って40分ほど)のコースとなります。

時間が無い時には最高のコースです。

・・・が、この時期は「蚊」がいっぱいですので、スプレーや防虫剤をお忘れなく。

復路、先ほどの「のぞみの丘」へ向かう106段の階段・・・いきなり凹みますが頑張って。

富山市役所の皆さん、呉羽山の散策コースは「M.K.T.」に改名するのは如何でしょうか??

立山登山の備忘録

先日、立山登山に行ってきました。富山県在住の僕、毎年数回は立山に登るのですが、今年は未だ1回のみ。会社の後輩たち(登山初心者)を連れての山行だったので日帰り。それでも山頂でラーメンやコーヒーを楽しむために色々持って行きました。

今日は備忘録として、装備品を書き留めておきます。

①バックパック:グラナイトギア  ベイパー デイ

容量32L、重量1,199g。デイパックと言いながら容量は大きめ。グラナイトのザックはサイズ別に幾つか所有しており、このコは普段も色々入れて使っています。今回は通常の装備品に加えて、頂上でのサプライズ「差し入れラーメン」を5名分用意した為、少し余裕を持たせた容量にしました。

②トレッキングポール:ブラックダイヤモンド Zポール ウルトラディスタンス

120cm2本でわずか290gと超軽量なのですが、カーボン製の為に強度や耐久性が問題と言われていますが、僕は数年間ノートラブル。

③水筒:プラティパス ホーサー2L

2Lの水筒が実測43g。とにかく軽くて耐久性もあり。今回は室堂ターミナルで「立山玉殿の湧水 」を入れ、山頂でのラーメン用にします・・・水入れたら2,043g(涙)。

④エマージェンシーキット:ドイターの防水使用

以前は防水でないモノを使用していましたが、雨天時に中身がすべてビチョビチョ。それからは防水にしました。 痛み止め等の薬、テーピング、裁縫道具、ファイヤースターター(火打石)、小型ライト(ペツル イーライト)等を入れています。

⑤バックパックカバー:オスプレーの汎用。

登山を始めた当初は雨天でもカバーをしませんでしたが、濡れて重くなるのがイヤになり使用してます。

⑥ストーブ:ジェットボイルzip

重量407g、一度に0.6L程の湯が沸かせます。今回は4名分のインスタントラーメン用に0.3L×4名分のお湯が必要だった為、2回に分けて湯沸かし。「素早く安全に湧く」というアドバンテージは大きいです。

⑦コーヒーセット:ポーレックス コーヒーミル+モンベル O.D.コンパクトドリッパー2

「頂上で食べるラーメンと食後のコーヒー」・・・山行には欠かせません。それを実現する為、嵩張りますが270gのミルに加えてゴミを出さない僅か4gのドリッパーを。

⑧ツエルト:ファイントラック ツエルト2+パラコード+軽量ペグ

テントを持たない山行では必ず装備。何度かツエルト泊も実行しましたが、本当に優れモノ。

 

続いてウェア関係。

⑨防寒着:パタゴニア ダウンセーター

普通のダウンセーターより羽毛量が多いタイプです。今回も、頂上は気温8度ほどで強風だった為に活躍しました。

⑩手袋:ザ・ノースフェイス

長年の使用でボロボロ。スマホタッチが可能になった初期のモノですが、現在のスマホはタッチが機能しません。新調を検討中。

⑪登山靴:モントレイル ハードロック

今回、気温は低くなりそうでしたが、雨・雪の心配は無さそうでしたのでトレランシューズを選択。岩場の多い立山ですが、トゥはしっかりと守られて軽快です。

⑫ソフトシェル:ファイントラック ニュウモラップフーディ

真夏の登山以外は必ず着てます。柔らか・しなやか・強度アリで言う事なし。

⑬ゲイター:モンベル トレラン用?

スニーカータイプを履いた時に使用し、砂や小石が侵入を防止します。

⑭レインウェア(上):モンベル バーサライトジャケット

とにかく軽い。それでもって、ちゃんと登山用レインウェア。岩場等では強度が心配ですが、今回の様な「降らない」確率が高い時には標高の高い山でも「軽さ優先」で持っていきます。

⑮レイウェア(下):モンベル バーサライトパンツ

同上。

以上、装備品でした。

ちなみに山行当日は予報通り、午後から晴天。気温は低く風は強めでしたが良い景色を楽しめました。

雄山頂上、標高3,003m。

ケーブルカーとバスを乗り継ぎ、標高2,450mの室堂ターミナルからは2時間ほどで到着出来ます。

雄山から更に20分ほどで最高峰の大汝山を制覇出来ます。距離は短いのですが、岩場の細い登山道は初心者の女性陣には怖かった様子。

実の所、「立山」という山は存在しておらず、雄山(3,003m)+大汝山(3,015m)+富士ノ折立(2,999m)という3つの峰の総称が「立山」なのです。

雄山まで行ったなら是非とも大汝山まで行ってみる事をオススメします。

最後に・・・雷鳥沢を見下ろして「今日はテントで泊まりたかった・・・」と哀愁漂う後ろ姿の僕。

今度は絶対テント泊。