「ダケヲ、小屋建てるってよ」~バイク ガレージをDIY④

◆6月某日

仕事の繁忙期&決算で、なかなか小屋作りが進みません(泣)。

そんな中、ようやく屋根を付けます。

今回、ルーフィング用のシートは貼り付けず(予算削減・・・)型枠で使う塗装合板を組合せ、隙間やネジ穴はコーキングで埋めるという荒業で行きます。このやり方、不安もありますが以前に相談した造園業の社長さんから頂いたアイデア。でも、これだけだと不安なので、最終的にはガルバリウムの波板を乗っける予定。

さすが素人仕事、パネルの合わせ部分と骨組みにズレが・・・補強を入れてごまかします。

あと少し・・・これくらい自然採光があれば、中はかなり明るいです。・・・って、今のところは窓の取付予定はありません。

また合わせにズレ(涙)。合計2か所、見栄えは悪いですが「良し」とします。

ちょっとだけ、カブを入れてみた図。W650とカブ、あとは諸々の道具たちは十分に入りそうです。

背の高い側に棚を作ると、かなりスペースは狭くなりそう。夢だったロフトはあきらめて、実用的な作業台(机)だけは採用したいと思います。

屋根を貼り終え、続いてはこちら。

屋根部分の強度が不安だったため、垂木と側面をつなぐ補強金物を購入しました。

クギもセットです。

こんな感じで固定していきます。

1X4材で垂木の面を隠します。

このまま、隙間をコーティング剤で埋めて本日終了。

翌日はこちら。

合板をカットして・・・

塗装後に2X4材でフレームを作ると・・・

かなり端折りますが、観音開きのドア完成。

屋根も現状不安なので、再度ブルーシートを被せます。

来週も天候が悪そうなので、しばらくガルバ屋根には着手できないかも(涙)。

◆後日・・・

さすが梅雨ですね。2週間ほど休みが雨降りでガルバ屋根に手が出せません・・・。

そんな中、室内の造作を進めます。

2X4材が余っていたので、そのまま棚の製作開始。

こちらも天板は合板を使用。けっこう強度はあります。

さっそくパーツとトランポ用ラダーを置いてみます・・・ああっ、「秘密基地」の完成近し。

「ダケヲ、小屋建てるってよ」~バイクガレージをDIY①

以前からお知らせしている通り、昨年から我が家のバイク小屋(ビニール製?)が何度か倒壊しております(涙)。

※昨年の強風にて
家の裏側にあった建物が無くなり、風の吹き抜け方がハンパねえ状況になったからです。
強風の日は心配で眠れません・・・。
そんな不安を解消するため、ちゃんとした「バイクガレージ」をDIYする決心をしました。
実は3月頃から計画しており、DIYの神ガイドブック「ドゥーパ」やネットで散々調べ上げてます。
そして準備段階で2つのの選択肢が出てきました。
【選択肢①:サイズは?】
現在使用している「ビニールガレージ」は奥行2.7m、間口1.8m、高さ2mといった感じです。
今現在、小屋に入れてるバイクは2台(W650、スーパーカブ90)。
今後は、増えに増えた工具置き場&作業スペースが欲しいところ。
現状よりも一回り大きく、さらには建築申請の不要である10㎡未満を条件にすると・・・「奥行3.6m、間口2.7m=9.72㎡高さ2m以上」という数値を基準に計画します。
余裕があれば、ロフトも付けたい♪
【選択肢②:基礎の方式は?】
コンクリートで土間を打つか、木製の土台部分を作って箱型にするか・・・。
ガシガシ作業してガソリンこぼしても気にすんな!って仕様なら絶対コンクリ土間。費用算出でも安くなりそう。
一方、木製の土台は木の腐食や強度に問題ありだけど撤去や作り直しが可能。
後々を考えると木製土台なのですが、昔住んでた家が白アリに駆逐された黒い思い出が脳裏に。
そんな時、知人の造園屋社長と小屋作りの相談をしていると「塗装合板と2X4材だけで箱型の物置作ったけど、ウチのは10年以上もっとるぞ。」と勇気づけられるコメントを頂き、方向性確定。
木製の土台で行きます。
さて、作業に取り掛かりますか!
~5月某日 晴れ:作業一日目~
本日おこなう予定は以下の通り。
1.ビニールガレージ移設
2.砕石をまく
3.敷石の平均をとる
4.土台部分の製作
「ひとり作業」なので、どこまで出来るかわかりませんがとりあえず開始。
【1.ビニールガレージ移設】
10年来、活躍してくれたガレージです。
本来は良くあるシルバーのシートでしたが、経年劣化で穴が空いたり裂けたりしたため、マイブームになった「グリーンシート」で簡易張り替えしました。
とりあえず、敷地内の空きスペースに移動します。
撤去後。山砂が顔を出しました。
そういえば、設置するとき平均出すのに撒いたな。
境界杭を打ち込み、水糸で施工場所を確定します。
【2.砕石をまく】
業者に0.8t持ってきてもらい、均しは自分で。最終的に傾斜がある部分で砕石が足りなくなり、ホームセンターで買い足しました。
完了し、庭に転がっていた丸太を利用した「自作タンパー」で転圧10㎡未満でしたが、5㎝の厚みを均して腕がパンパン。
均してる途中に「やっぱ、土間コンの方が良いかな・・・」と心が揺らぎます。
いやいや、このまま敷石を置きましょう。
【3.敷石の平均をとる】
手前から奥側に下がる形で勾配があり、さらには以前置いていたビニールガレージ設置の際に土盛りした為、右側部分にも流れ落ちています。感覚で水平を取りました。
最初は勾配が高いと思われる端から始めましたが、その後中心部を置き全体を調整しました。
水平器でだいたいの水平を取り、土台設置のタイミングで全体のバランスを見る事にします。
砕石を撒き、タンパーで転圧し、平均を見る。この繰り返しです。
・・・結構な手間ですね(泣)。
刻々と時間が過ぎています。
敷石の作業を終えて、土台部分の試作パーツを置いてみます。
うん、問題なさそう。
・・・実は、ここまでで作業時間切れ。
思っていたよりも大変ですね。連休だったため、翌日に持ち越します。
~5月某日 晴れ:作業二日目~
朝起きると、体中がバッキバキです。
地均しのせいか、股関節の筋肉痛がとんでもない事になってます。
メゲずに今日も頑張ります!
【4.土台部分の製作】
さて、いよいよ木工です。
長尺の木材を使わず、ブロックを分けて土台製作をしました。
近所のホームセンターで防腐・防虫の2X4 材を購入。
長尺の材は反りがヒドイ(泣)。反りを矯正しながら土台を作る時間ももったいないので、1,800㎜×900㎜のパーツを6つ組みませる事を考えました。これにより、強度も出せるのではないかと・・・あくまでも素人考えですが。
何とか枠を完成させました。
途中、土台が動いたり倒れたりしないように、地中に杭を打ち込み枠組みに固定。
最後に型枠等で使う「塗装合板」で盤面を。塗装面を下にして耐腐食性を高めます・・・って受け売りですが。
なんだかんだでステージ的な土台が完成しました。
新品の箱買いしたコースレッドも、ほぼ使い切りですね。
さ、2日目ははここまで。
そして連休もここまで。
ブルーシートを被せ、来週の休みまで持ち越します。
上棟、ひとりで出来るかな??

バイクツーリング、もしもの時に・・・ガソリン携行缶

GW、皆さんはバイクライフを楽しんでますか?長距離ツーリングやメンテナンスにも良い時期ですね・・・僕は仕事ですが(泣)。

そんなストレスを解消すべく、買物をしました。ネットショッピングの期間限定ポイント(1,000円程度なんですが)が有効期限切れ間近の為、色々と物色しているとミニサイズの「ガソリン携行缶」が気になりました。

昔、プチツーリング中の峠で「ガス欠」になりました。あるあるですが、タンクコックをリザーブにしたまま走行し、気づけば完全なるガス欠に。バイクを押したり、坂道では跨ってみたりで何とか麓のガソリンスタンドに到着すると「本日休業」という鬼の仕打ち(泣)。

あんな思いは二度としたくない・・・という事で、プチツーリングには必ず携行缶にガソリンを入れるようになりました。ま、登山で使う「燃料ボトル」を流用なんですけど。

これを機会に、バイク専用のモノを買っておこうかと考えました。

んで、早速購入。1,000cc=1Lの容量です。

今までは、登山の燃料ボトルで代用していましたが、最大750mlまでしかなかった事、また注ぎ口にノズルが無かった事で、今回の購入となりました。

消防法にも適合とあります。

「MADE IN TAIWAN」でした。「JIS規格合格品」と記入されているのは、この書き方だと、あくまでも「鋼板としての合格品」という意味でしょうね。

蓋を開けると、携行缶のキャップ部分が見えます。

中を取り出すと、こんな感じです。

「収納袋付き」、間違いありませんが不織布の簡易的なモノです。

擦り傷防止程度ですね。

しっかりとした説明書が入っていました。

基本的な使用方法は、この部分で一目瞭然。ま、触ってみれば使い方は全く難しくありません。

本体はミリタリーチックですね。OD色だったら、なお良かったのに。

開閉は一般的なスクリュー式です。登山用の燃料携行缶だとロック機能が付いていたりしますが、バイクだとこれくらいで十分なのでしょう。

一部のレビューに「ガソリンが漏れた」との記載がありましたが、パッキン不良が無い限りは締め方や後述のパッキンの仕込み方に不備があるのではないでしょうか?

キャップを開けると、中にノズル部分がいました。

キャップ+ノズル部分。

これを・・・

ノズルホース(黒い部分がパッキン)を取り出し・・・

蓋の中心パーツを外して・・・

先ほどの、ノズルパーツの方向を換えて・・・

パッキンがしっかりとハマっている事を確認し・・・

これで「給油スタイル」にトランスフォーム完了。

って、そんな解説しなくても良かったのですが(笑)。

気になったのが、収納時に蓋中央部分にハマるパーツ、給油後に忘れちゃいそうです。ダケヲ、絶対に失くす自信ありですわ。

改めて収納スタイルにトランスフォーム。

収納時に一番注意することは「パッキンのセット」と「蓋をしっかり締める」の2点でしょう。

さ、スタンド行って給油して、チャンピオンバッグの中に入れておきますか。

KAWASAI(カワサキ)W650 燃料漏れ~コックのパッキン交換

何かを修理すると何かが壊れる・・・10歳を超えたW650さんは結構な手間が掛かる様になりました。
本日、数日間エンジンをかけていないのでチョークを引いて始動すると、燃料コック付近から「ポタポタ」でなく「トトトト~」と結構な量が洩れてきています。
考えられるのは・・・
①コックの異常・・・ネット情報を見てても確率が一番高そうです。
②キャブの異常・・・先日のキャブ大掃除で問題なさそう。
③燃料ホースの異常・・・可能性はありますが、またキャブ外して組上げの手間がかかります。
・・・と以上の3択。コック下部から垂れてきているので、恐らく①に該当しててコックのパッキンが劣化したのではないかと思います。
ま、あくまでも素人判断ですが(泣)。
今回は初めてWebicさんでネット上のパーツカタログから純正パーツ注文をしてみました。
W800用とかに移行されて品番が変わった部品でも自動的に変換されて、さらに補足付きで新品番が表示されます。
なかなかです。
さて、なんだかんだで部品到着。
今回は4か所のパッキンを購入しました。
・ガソリンタンクと接続部分のパッキン
・内部のOリング
・内部の顔見たいなパッキン
・コック内ダイヤフラムのOリング
さて、それでは車体からタンクを外し裏返すとコック部分を留めるボルトが見えます。
レンチだと難しいので、プラスドライバーで緩めます。
このプラス溝、結構な太さで通常使用するプラスドライバーだと軽くナメそうです。
前回、マスタシリンダーのネジをレロレロしてからは慎重にネジ穴と向き合える様に成長しました(笑)。
色々試すと、車載工具のプラス(大)ドライバーがピッタリ。
外観を見る限りは、特に問題なさそうですが。
コック内の構造はこんな感じです。
タンクとの接合部分。黒い部分がパッキンです。
コックのレバー部分。
輪っか状のバネ?があります。
ダイヤフラム部分。
実は今回、ダイヤフラムのOリングを交換しませんでした。
これを外す時に、破損する予感が・・・。
さて、数分間で交換を終了して元に戻します。
後ろに見えるのは交換前のパッキン達。今までお疲れ様でした。
そして、タンクを戻してエンジン始動・・・おおっ!漏れは無くなりました。
推測が当たって良かった。
・・・と数十秒後に「ポタッ」とガソリンが。
ハイ、残念ながら正解は①と③でした(泣)。
「トトトト」と多量に漏れる事は無くなりましたが、どうやらコックの不良は改善出来ましたが、燃料ホースにも問題がありそうです。
その後、燃料ホースを外しコック側を見ます。特に異常は無さそうに見えますが、10年以上経過してるという事は、きっと劣化しているのでしょう。
一旦ホースを戻し、クリップを入れます。念の為、もう一度エンジンをかけてみます・・・あれ?止まった。ちょっと触ってみてから、10分ほど置きもう一度エンジンを・・・やっぱり止まってる。しばらく様子を見てみる事にしましょう。
ホースとクリップの角度なのか何なのか?ま、ホースが劣化しているのは間違いないと思われますので、今後計画していたリフレッシュ計画の優先順位で「燃料(だけでなくキャブ廻り)ホース交換を最優先とします。
今後、エンジン始動時は必ずコック周辺を点検した後に乗り出します。
あ~、またキャブ外さないと(泣)。

ヘルメットを探す~BELL Bullitt(ベル ブリット) 購入

バイク用のヘルメットを新調しました。

今メインで使っているBUCOのジェットヘルは15年選手で結構な傷み具合です。

色々調べてみると、ヘルメットの耐用年数ってメーカーによっては2年ほど・・・しかしバイカーの皆さんは5年前後が多いみたいですね。外帽よりも緩衝材部分の劣化だと思うのですが、以前持ってた1970年代のヴィンテージ物なんて、内側からボロボロ発砲スチロールが崩壊していった経験があります。BUCOはそこまでではないものの、バイク熱の再燃も伴い、新しいヘルメット購入を決意。ネットや雑誌で色々物色してました。ちょっと前からフルフェイスに興味があり、BELL STAR2が最終候補でしたが、インスタに上がってたBELL Bullittの写真に一目惚れ。会社のBMW乗りの先輩が持っていたのを思い出し、色々相談して決定。

言わずと知れたヘルメットメーカー「BELL」から60周年記念として発売されたヘルメットです。「Bullitt」とは「弾丸」の意。
ブルックリンのデザイナーChad Hodge氏が歴代のベルヘルメットのデザインを集約させ、 第一世代のBell Starからインスピレーションを得たモデルとの事。

 

実は今回、購入までには色々とありました。

まず問題になったのがBell bullittのサイズ感に関して。ネット上では「欧米人向けの帽体なので、通常より1~2サイズ大きめの購入をオススメします」的なコメントが多数ありました。

富山県近隣で取扱いなど無く、サイズ感を確認する事ができません。そこで購入前に先述の先輩にbullittを被らせてもらいました。サイズはLL、白ベースでデザインラインの入ったタイプです。欲しいカラーとは違いましたが、今回はサイズ感の確認です。僕は国産メーカーなら形状によってM~Lサイズなので「余裕っしょ!」と被ると・・・こめかみがハンパなく痛い。でも後頭部や側面は余裕ありそうな気配。

更に、被った姿を鏡で見ると「頭、超デカイ・・・」そうです、宇宙服や潜水服の様に身体とヘルメットのバランスが悪く見えました。インスタで見つけた雰囲気とは大違い。

「ダメやこれ・・・」

気に入ったヘルメットを諦めなければならない事になり、落ち込みながら「ありがとうございました」と先輩にヘルメットを返却しましたが、どうにも気になります。色々と悶々していると、大昔に知人から貰ったヘルメットのサイズが大きすぎて、正しい位置に収まらず同じような状態があった事を思い出しました。

そしてその後、ネット上にハーレー系で有名な横浜パインバレーさんのHPを発見しました。価格の手頃さ、「サイズが合わなかった場合、交換あり(条件付き)」のという重要な項目を発見。

加えてbullittの帽体はXS/S(小)、M/L(中)、2L/3L(大)と外帽体の大きさが違うとの記事を発見。「Lサイズ買って、小さかったら内帽削るわ(良い子はやっちゃダメです)」と半ば「賭け」でフォームから注文、翌々日には届きました。パインバレーさん色々ありがとうございます!いつか実店舗に遊びに行きます♪

それではBELL Bullitt、ブリちゃんを見てみましょう。

赤色の箱に収容されていました。良いデザインで、こっから既にワクワク。

会社の先輩も使用していましたが、このカバーも良い感じ。

緩衝材を取り外すと・・・

テッテテー♪

カッコいい!!!!!

黒光りスゴ過ぎ。

剥がすのがもったいないシールドの保護シール。

そして、いよいよ緊張の瞬間。

被ってみます。

・・・おおっ!ジャスト!!僕なりの大博打に勝つ事が出来ました。

取り合えず今日はここまで。後日、使用感を書き留めたいと思います。

ああっ、サイズ合って良かった♡

スーパーカブのバッテリー交換と諸々

我が家には何故かバイクが4台あります。

不動車も含む4台なのですが、今日は稼働率が文句なし1位の「スーパーカブ90(HA02)」のバッテリーを交換します。

5年ほど前になりますが、渓流釣りの移動手段としてカワサキ 250TRを使っていたのですが、より軽くて扱い易い、そして積載量が確保出来る車両を探していた所に候補車となったのがスーパーカブ。

ネット情報を色々と調べ、ヤフオクで条件の見合う車両を落札し、事前に書類のやり取りとナンバー取得をした後に直接受け取り、13時間かけて家まで自走したのは今では良い思い出。その後、林道用にブロックタイヤやアップマフラーで改造し、大量積載を目論見てホームセンターのBOXを付けました。

実は購入時から一度もバッテリーを変えておらず、最近はニュートラルランプは勿論の事、ウインカーも点かずの状態で交換に踏み切りました。

今回、「海外製格安バッテリー」を購入してみたく、早速amazonで注文し翌日到着。

生産国も良く分からないまま、早速装着します。

マフラーとサイドカバーを外し(先述の通り、アップマフラー装着の為に一手間増えます)、古いバッテリーを取り外します。元のバッテリーはYUASA製ですね。さっすが長期間の使用にも耐えてくれた訳です。

さ、新しいバッテリーを取り付け・・・

!!!!!!!!!!

端子が??

発注ミスやーん(泣)。

再度、正式な物を注文しようかと思いましたが、強引にDIYで結線させる事にしました。

配線を分岐させて・・・

家にあったカーオーディオ用のギボシを取り付けました。少々強引ですが、大丈夫でしょうか?自己責任です。

結線後、ニュートラルランプとウインカーをテストして問題なさそう(表面上は)なので、完成とします。

久々にバイクイジりをしていたら、次なる意欲がフツフツと。

「不動の2台、やっちゃう?」

と勢いで引っ張り出します。バッテリー上がりから数年触っていないコ達です。

最初にカワサキ TR250です、超汚れてます。比較的に最近まで乗って(って言っても1年以上前?)いたので、車からバッテリーつないですぐに・・・というのは甘く、セルの音だけが虚しくお庭に響きます。セオリー通り、プラグチェックから始め、磨きあげた後に再度挑戦。

「キュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュル・・・ブオーン!」おっ、かかりました!・・・が、アイドリングが安定せず、チョークを戻すとエンスト。キャブ掃除決定ですわ。

とりあえず様子が見えたので次のコに。

カワサキ W650です、こちらもTRに上乗せした超×2汚れてます。車検が切れて3年放置モノ。なんとなく先行きが見えたので、プラグ掃除してからバッテリーをつなぐと「キュルキュルキュル ドーン!」と驚きの即効でエンジンがかかります。アイドリングも安定しているようで、「さっすがカワサキ」と一安心・・・も束の間。

左のキャブ下からガソリンダダ漏れ。ハイ、こちらもキャブ掃除決定。

こんな素敵なコ達を放っておいた罰として、当面休みの日にはバイク修理に専念します。