超速の湯沸かし! ジェットボイル ZIP

先日、立山に持っていったジェットボイルZIPですが、「とにかく早くお湯が沸く」事で今までの不便さを引っ繰り返す事を期待して購入しました。

【製品諸元】

総重量:400g (ガスカートリッジを除く)
サイズ:φ104mm×高さ165mm(収納時)
容量:0.8L(調理容量は0.5L)
素材:アルミニウム(カップ本体)
出力1134kcal/h
沸騰到達時間:0.5Lで約2分30秒(ジェットパワー1缶で約12Lの水を沸騰可能)

セットの中に燃料カートリッジ(ちょっとだけ使ったモノ)も入れた状態での実測は584g。満タンカートリッジだと約600gというところでしょうか。

内容物はこんな感じ。

上段右から・・・カップ(底部カバー兼用)、本体、上蓋(湯切りつき)

下段右から・・・汎用クッカー用ゴトク、ガスカートリッジ、バーナー、スタビライザー

 

剣岳への山行時、ナイトハイクで雨に打たれて剣沢キャンプ場に到着。とにかくテントを設営し、服を着替えながら温かい飲み物を作ろうと湯沸かし。

当時の僕は、流行りの「ウルトラライト装備」でスピードハイクを心がけていました。持ってきたストーブはエスビットの固形燃料とチタニウムストーブ。

気温もひとケタで、エスビットのセットでは沸騰までの時間8分弱。その間、ガチガチ震えながら湯気が上がるのを待ちました。その時の待ち時間が本当に長く感じ、体温が下がっていく事の不安がトラウマに。

下山した帰り道にモンベルに寄って、迷わずジェットボイルを購入しました。低山やコンディションの良い時であれば、固形燃料やアルコールストーブでの軽量優先でも問題ないのですが、この時の経験から「軽さは正義」よりも「超速湯沸かしは正義」となりました。

それでは、実際に湯沸かし時間を計測してみましょう。

組み立てると、こんな感じ。

今回も500mlの水道水を準備しました。

ちなみに、クッカー内にも容量メモリがあります。これって、あると結構便利ですよね。

本日の室温は22.7度。3分以内には沸騰予定です。

点火しました。ちなみに、ZIPはイグナイター(点火装置)が付いていません。標高の高い場所での使用には、元々イグナイターは役立たず。ライターは常備です。

補足ですが、ライターは底部に収納可。

おっ、もう沸騰してきたようです。写真では判りにくいですが、湯気が噴き出してきました。沸騰まで 2分24秒。早っ!!

固形燃料と比較するのは何ですが、本当に早い。「お湯を沸かす」事に特化したシステムだけに、感動的な超速湯沸かし。

「山メシは調理してナンボ」な昨今ですが、インスタントラーメンやHOTドリンクを速やかに作ることが出来る事も非常に重要なのではないでしょうか。

おまけ・・・

汎用クッカー用ゴトク。元々の火力が比較的弱い為、保険的なアイテム。

底部カバーを兼ねるカップ。コーヒーを入れたり、食器として使ったり出来ます。

収納がパズル的ですが、側面のコジー(カバー)部分に表示あり。

 

そんなジェットボイル、手に入れた暁には同行メンバーの誰よりも早くお湯を沸かしてニヤリと微笑んでください。

立山登山の備忘録

先日、立山登山に行ってきました。富山県在住の僕、毎年数回は立山に登るのですが、今年は未だ1回のみ。会社の後輩たち(登山初心者)を連れての山行だったので日帰り。それでも山頂でラーメンやコーヒーを楽しむために色々持って行きました。

今日は備忘録として、装備品を書き留めておきます。

①バックパック:グラナイトギア  ベイパー デイ

容量32L、重量1,199g。デイパックと言いながら容量は大きめ。グラナイトのザックはサイズ別に幾つか所有しており、このコは普段も色々入れて使っています。今回は通常の装備品に加えて、頂上でのサプライズ「差し入れラーメン」を5名分用意した為、少し余裕を持たせた容量にしました。

②トレッキングポール:ブラックダイヤモンド Zポール ウルトラディスタンス

120cm2本でわずか290gと超軽量なのですが、カーボン製の為に強度や耐久性が問題と言われていますが、僕は数年間ノートラブル。

③水筒:プラティパス ホーサー2L

2Lの水筒が実測43g。とにかく軽くて耐久性もあり。今回は室堂ターミナルで「立山玉殿の湧水 」を入れ、山頂でのラーメン用にします・・・水入れたら2,043g(涙)。

④エマージェンシーキット:ドイターの防水使用

以前は防水でないモノを使用していましたが、雨天時に中身がすべてビチョビチョ。それからは防水にしました。 痛み止め等の薬、テーピング、裁縫道具、ファイヤースターター(火打石)、小型ライト(ペツル イーライト)等を入れています。

⑤バックパックカバー:オスプレーの汎用。

登山を始めた当初は雨天でもカバーをしませんでしたが、濡れて重くなるのがイヤになり使用してます。

⑥ストーブ:ジェットボイルzip

重量407g、一度に0.6L程の湯が沸かせます。今回は4名分のインスタントラーメン用に0.3L×4名分のお湯が必要だった為、2回に分けて湯沸かし。「素早く安全に湧く」というアドバンテージは大きいです。

⑦コーヒーセット:ポーレックス コーヒーミル+モンベル O.D.コンパクトドリッパー2

「頂上で食べるラーメンと食後のコーヒー」・・・山行には欠かせません。それを実現する為、嵩張りますが270gのミルに加えてゴミを出さない僅か4gのドリッパーを。

⑧ツエルト:ファイントラック ツエルト2+パラコード+軽量ペグ

テントを持たない山行では必ず装備。何度かツエルト泊も実行しましたが、本当に優れモノ。

 

続いてウェア関係。

⑨防寒着:パタゴニア ダウンセーター

普通のダウンセーターより羽毛量が多いタイプです。今回も、頂上は気温8度ほどで強風だった為に活躍しました。

⑩手袋:ザ・ノースフェイス

長年の使用でボロボロ。スマホタッチが可能になった初期のモノですが、現在のスマホはタッチが機能しません。新調を検討中。

⑪登山靴:モントレイル ハードロック

今回、気温は低くなりそうでしたが、雨・雪の心配は無さそうでしたのでトレランシューズを選択。岩場の多い立山ですが、トゥはしっかりと守られて軽快です。

⑫ソフトシェル:ファイントラック ニュウモラップフーディ

真夏の登山以外は必ず着てます。柔らか・しなやか・強度アリで言う事なし。

⑬ゲイター:モンベル トレラン用?

スニーカータイプを履いた時に使用し、砂や小石が侵入を防止します。

⑭レインウェア(上):モンベル バーサライトジャケット

とにかく軽い。それでもって、ちゃんと登山用レインウェア。岩場等では強度が心配ですが、今回の様な「降らない」確率が高い時には標高の高い山でも「軽さ優先」で持っていきます。

⑮レイウェア(下):モンベル バーサライトパンツ

同上。

以上、装備品でした。

ちなみに山行当日は予報通り、午後から晴天。気温は低く風は強めでしたが良い景色を楽しめました。

雄山頂上、標高3,003m。

ケーブルカーとバスを乗り継ぎ、標高2,450mの室堂ターミナルからは2時間ほどで到着出来ます。

雄山から更に20分ほどで最高峰の大汝山を制覇出来ます。距離は短いのですが、岩場の細い登山道は初心者の女性陣には怖かった様子。

実の所、「立山」という山は存在しておらず、雄山(3,003m)+大汝山(3,015m)+富士ノ折立(2,999m)という3つの峰の総称が「立山」なのです。

雄山まで行ったなら是非とも大汝山まで行ってみる事をオススメします。

最後に・・・雷鳥沢を見下ろして「今日はテントで泊まりたかった・・・」と哀愁漂う後ろ姿の僕。

今度は絶対テント泊。